| TOP 携帯用 |



■俳句添削教室■

講師:高橋信之(愛媛大学名誉教授)・高橋正子(俳句雑誌「花冠」代表)
投句は、花冠会員・同人以外のどなたでも許されます。
投句は本名でお願いします。
※1日1回、3句以内の投句が許されます。当季雑詠に限ります。
投句は3週間は無料ですが、それ以後は有料となります。

■過去の俳句添削教室■
http://www.21style.jp/bbs/kakan13/

 
Name
Mail
URL
Backcolor
Fontcolor
Title  
File  
Cookie Preview      DelKey 

▼ よろしくお願いします。  ..まっち    [RES]
  あとがきの最後をめくる秋の風
  ..2018/10/06(土) 13:26  No.652
 Re:よろしくお願いします。  ..高橋正子   
  あとがきの最後をめくる秋の風★★★
あとがきまで読み終え、本を置いたとき、その最後のべーじを秋風がめくった。秋風と重なる読後の思い。そんな思いが感じられる句です。静かないい視点です。
  ..2018/10/07(日) 09:36  No.657
 Re:よろしくお願いします。  ..まっち   
  ありがとうございました。
  ..2018/10/08(月) 18:33  No.663


▼ お願いします。  ..ラララ    [RES]
  月灯り昔の写真照らす微光

別れた恋人との写真を、電気もつけず月の灯りだけで見つめている光景を切り取ってみました。
  ..2018/10/05(金) 22:50  No.639
 Re:お願いします。  ..高橋正子   
  月明かり昔の写真照らす微光★★★
もとの句の「月灯り」は、「月明かり」のミスタイプですね。
おっしゃる情況を全て俳句にするのは、難しいですが挑戦してください。この句はこれでいいと思います。

※はじめまして。ご投句ありがとうございます。
  ..2018/10/07(日) 09:32  No.656
 Re:お願いします。  ..ラララ   
  勉強になりました。ありがとうございます。
  ..2018/10/08(月) 10:37  No.662


▼ お願いいたします  ..ソアール    [RES]
  月明り覆いかぶさる背中越し
  ..2018/10/05(金) 21:56  No.638
 Re:お願いいたします  ..高橋正子   
  月明り覆いかぶさる背中越し★★★
「覆いかぶさる」も「背中越し」もソアールさんならではの捉え方ですね。強い月明かりを感じます。

※はじめまして。ご投句ありがとうございました。
  ..2018/10/07(日) 09:26  No.655
 Re:お願いいたします  ..ソアール   
  ありがとうございます。
  ..2018/10/08(月) 09:23  No.661


▼ 無題  ..風来坊    [RES]
  名月や寄り添う影に黙る風
  ..2018/10/05(金) 21:22  No.636
 Re:無題  ..風来坊   
  訂正

名月や寄り添ふ影に黙る波
  ..2018/10/05(金) 21:37  No.637
 Re:無題  ..高橋正子   
  名月や寄り添ふ影に黙る波★★★
「寄り添ふ影」は、何が(誰が)何に(誰に)寄り添うのでしょうか。そこがわかりにくいですね。
名月や僕ら寄り添ふ影に波(添削例)

※はじめまして。ご投句ありがとうございました。
  ..2018/10/07(日) 09:22  No.654
 Re:無題  ..風来坊   
  ありがとうございます。
  ..2018/10/08(月) 08:10  No.658


▼ お願いします。  ..しろうさぎ    [RES]
  さざ波や銀に散らばる月の艶
  ..2018/10/05(金) 17:17  No.635
 Re:お願いします。  ..高橋正子   
  さざ波や銀に散らばる月の艶
「月の艶」はしろうさぎさん独特のいい発見です。場所がわかるといいですね。俳句では、自分の立ち位置が重要になります。
「銀」を生かすか「艶」を生かすか考えて、場所のわかる言葉を入れてください。

さざ波や海に散らばる月の艶★★★★(添削)

※はじめまして。ご投句ありがとうございます。
  ..2018/10/06(土) 09:38  No.647
 Re:お願いします。  ..しろうさぎ   
  ありがとうございます。

さざ波だから海や川だと想像できるかなと思って場所を省きました。

勉強になります。
  ..2018/10/06(土) 14:41  No.653


▼ 無題  ..まっち    [RES]
  花野原ところによりて陰日向

曇天の翳りをかぶる花野かな
  ..2018/10/05(金) 14:07  No.634
 Re:無題  ..高橋正子   
  花野原ところによりて陰日向★★★★
広い花野。陰るところも陽の照るところもあって、変化に富んでいます。
リズムを整えるとすれば、次のようにも添削できます。
日陰るも日向もありて花野原(添削例)

曇天の翳りをかぶる花野かな★★★★
「翳りをかぶる」がリアルでいいです。

※はじめまして。ご投句ありがとうござました。
  ..2018/10/06(土) 09:31  No.646


▼ 無題  ..オゾン    [RES]
  紅葉山ジビエを狙う銃の音
または
銃声やジビエ倒れる紅葉山
  ..2018/10/05(金) 13:56  No.633
 Re:無題  ..高橋正子   
  @紅葉山ジビエを狙う銃の音
A銃声やジビエ倒れる紅葉山
@Aの句とも、「ジビエ」の言葉が適切ではないです。「ジビエ」は、猪や鹿など野生動物の肉のことですから。
猪狩(ししがり)、鹿猟、という季語があります。

@紅葉山ジビエを狙う銃の音(原句)
紅葉山猪(いのしし)狙う銃の音★★★(添削)

Aの句、獲物が倒れたと想像したのでしょうか。情景が分かりにくいので、@のほうがいいです。

※初めまして。ご投句ありがとうございます。
  ..2018/10/06(土) 09:20  No.645
 Re:無題  ..オゾン   
  ありがとうございました。 勉強になります。
  ..2018/10/06(土) 09:46  No.651


▼ 無題  ..そらむろん    [RES]
  しがらみのオフィスの窓に秋の風
  ..2018/10/03(水) 17:28  No.630
 Re:無題  ..高橋正子   
  しがらみのオフィスの窓に秋の風★★★
秋の風」は、西南から西へ回って日々冷気を加えてきますので、なんとなくわびしい気持ちをそそります。秋風が吹くと、しがらみのあるオフィスに、わびしさも、また、ある種あきらめも感じてしまうのでしょうか。

※はじめまして。ご投句ありがとうございました。
  ..2018/10/04(木) 09:57  No.632
 Re:無題  ..そらむろん   
  勉強になりました。
  ..2018/10/05(金) 23:14  No.644


▼ 無題  ..ゆうきじょう    [RES]
  きざはしを下駄ゆるやかに天の川
or
天の川きざはし降りる下駄の音
  ..2018/10/03(水) 16:56  No.629
 Re:無題  ..高橋正子   
  天の川きざはし降りる下駄の音★★★★
こちらの句は、完璧です。

天の川/きざはし降りる下駄の音
のように区切れていて、イメージがしっかりしています。言いたいことがよく伝わります。
外にある階段でしょうから、それも素足に下駄でしょうから、天の川が近く、いきいきとして感じられます。

※はじめまして。ご投句ありがとうございました。
  ..2018/10/04(木) 09:46  No.631
 Re:無題  ..ゆうきじょう   
  恐れ入ります。
  ..2018/10/05(金) 23:13  No.643


▼ 無題  ..さとし    [RES]
  立ち読みを留める紅葉の栞かな
  ..2018/10/02(火) 19:24  No.626
 Re:無題  ..高橋正子   
  立ち読みを留める紅葉の栞かな(原句)
古書店で立ち読みをしていたら、その本に紅葉が挟まれていました。そして思わず、紅葉を挟んだ本の持ち主だった人のゆかしさに心を動かされた、という意味でしょうね。
「立ち読みを留める」が少しわかりにくいと思います。

立ち読みの古書に紅葉の栞かな(添削)

※はじめまして。ご投句ありがとうございました。
  ..2018/10/03(水) 09:40  No.628
 Re:無題  ..さとし   
  ありがとうございます。
  ..2018/10/05(金) 23:13  No.642








     + Powered By 21style +