| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.1 への▼返信フォームです。
 
岡本メッソド流布について
   投稿者: 60's    
2018/09/17(月) 10:53
No. 1 引用
 
 
 岡本メソッドを流布するには、岡本先生に世話になった人に対し、落ちこぼれなく、情報を伝達する事だと思う。何よりも、本人や家族が有り難みを一番、分かっているのだから。早い話パソコンや携帯スマホなどに遠い環境の人にも、ホットな情報と運動方針を伝える事が肝心だと思う、そのためのツールとして新聞は大切な役目になると思う。配布方法は6Cからとなり、新聞配布にもとずく送料もいらない、A3用紙B/W(白黒)コピーはボランティアとなる。それに加え、街頭で署名運動等をして、フライヤー(ビラ)を配りこの事を(滋賀医大の不祥事の数々)世間の人に一人でも多く知ってもらう事も大切だと思う。行政機関の訴えには泣く子も黙る?会計検査院への直訴だと思う。20余名の患者に対し治療費を請求した治療をして、また一から治療見直しで治療費がかさむという事は、二重取りに等しい行為と思う。会計検査委院は独立した機関だから、話は聞いて貰える。会計検査委院が動くのは定型的な検査と、このようなたれ込み情報からが多い。また20余名の人達は裁判所に小額訴訟(60万以下)を簡易裁判所におこし、浄財から訴えるべきだと思う。格安?で訴える事が出来るから。
 



名前   アイコン  一覧
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー