| ホーム | RSS | 携帯用 |

コタンBBS

違星北斗研究会
名前  
Mail   URL
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー 



 メモ  [返信] [引用]
「よいち」S29 10-11 第5巻 26号
「北斗歌碑にご賛同を希う」

よいち
 「藻入情話 トシカの恋」
 アイヌの伝説(?)

 ロミオとジュリエットのように、余市川の左岸・右岸の恋人がシリパで死ぬ話

改造 T14年 「悲しみのオキクルミ」

 
管理人  ++.. 2019/03/21(木) 13:27 [672]





 徳太郎の両親  [返信] [引用]
中里徳太郎の父親・母親の名前は「林家文書」でも欠落しており、わからなかったが、荒井源次郎遺稿に
「明治10年(1877年)9月、父イタク・エアシカイ、母スネコロの長男として生まれる」とある。
佐藤氏調べの「系図」では伯太郎とあり、金田一の「あいぬの話」では徳蔵とされているがどちらかは不明。

 
管理人  ++.. 2019/03/01(金) 13:28 [669]

 
脇乙名 イタキサン 57歳(1803年ごろ生)
長男 ?
次男 ?
三男 コエタ 改 鯉太郎 1845年ごろ生まれ
四男 ホンコエタ 改 猪之松(助?) 1852年ごろ生まれ→東京留学をして、市川姓へ。
妹 ヲヘレケ 改 とみ 1855年ごろ生まれ。

この?の子(イタキサン孫)として
イタク・エアシカイ(伯太郎?徳蔵)?
甚作(→違星家)1862年生まれ
宗市
甚三


このうち、長男か次男が「イタク・エアシカイ」だろうか。

名前は「能弁」の意味かな。


管理人  ++.. 2019/03/01(金) 13:42 [670] [引用]

 
イタキサン(1803年ごろ生)

↓→(長男)名前不明(1820年〜30年代ごろ生?)
↓→(次男)名前不明(1820年〜30年代ごろ生?)
↓ ※長男か次男のどちらかの息子
↓  ↓
↓  ↓→→(継子)イタク・エアシカイ(1850年代ごろ?)
↓  ↓   (伯太郎(佐藤利雄説)/徳蔵(金田一京助説)
↓  ↓     ↓
↓  ↓     ↓→→(イタク・エアシカイ長男)
↓  ↓         徳太郎(1877年生)
↓  ↓           ↓
↓  ↓              →篤治
↓  ↓      
↓  ↓→→(次男?)
↓  ↓   甚作(セネツクル)1862年生
↓  ↓
↓  ↓→→弟
↓  ↓→→弟
↓   →→妹
↓  
↓→(イタキサン三男)
↓    鯉太郎(コエタ)1845年ごろ生

↓→(イタキサン四男)
↓    猪之助(ホンコエタ)1852年ごろ生
↓   東京「留学」、市村姓を名乗る

 →(イタキサン娘) 
      とみ(ヲヘレケ)1855年ごろ生


管理人  ++.. 2019/03/07(木) 13:16 [671] [引用]





 イコンリキ  [返信] [引用]
8ページめ、余市上場所では初鰊や初鮭が上がるとら和人とアイヌの合同の祭りをし、違星北斗の曾祖父イコンリキらがイナホ(イナウ)を作りカムイノミをしていたという資料。
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/38286/1/3_17-26.pdf

 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:44 [667]

 
イコンリキは違星北斗の祖父・万次郎の父。
北斗の曽祖父。
脇乙人なので、幕末の「林家文書」に結構名前がでてくる。
カムイノミしたり、和人へのツグナイで連帯責任で刀の鍔を供出したり。
名の通ったアイヌだったのだろう。
養家イソヲク家(後の違星家)に婿入りした万次郎はイコンリキの名残りを家紋と家名に残した。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:45 [668] [引用]





 無題  [返信] [引用]
メモ・余市町でおこったこんな話「その168 松浦武四郎が見たヨイチ」https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2018/sono168.html
・「ウタングース」ウタグス、違星漁場。
・「ノジユシマス」星が落ちて岩になった
・武四郎は「ヨイチはイウヲチなり。イウとは温泉、ヲチはある」として、ヨイチは寅卯(東北東)の風をいう」と主張。

 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:38 [664]

 
クリックで拡大表示 ( .png / 59.7KB )

上記サイトより。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:39 [665] [引用]

 
メモ・余市町でおこったこんな話
余市の伝説
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2008/sono50.html
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2008/sono51.html
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2008/sono52.html
ローソク岩
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2014/sono117.html
フゴッペ
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2013/sono113.html
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2010/sono76.html
天内山
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2006/sono30.html
山岸先生
https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/machi/yoichistory/2016/sono141.html
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:41 [666] [引用]





 無題  [返信] [引用]
違星北斗は和人にぶちのめされた《民族》を勇敢に立ち上がらせ、立派な《民族》に再びつくりあげるために戦っていたのだ。
「アイヌ民族なんて存在しない」と嘯く小林よしのり一味に悪用されるような存在ではない。
かの時代の日本に生まれてよかったと言うのは民族復活の光栄な義務と責任を負うが故だ!

「わたしたちの子供の時代、またその次の時代が来たとき、ぶちのめされた民族が、こんなに勇敢に立ち上がったことを自慢に語ってきかせたい。この立派な民族をつくりあげたのは俺たちであると言ってきかせたいではないか。この義務と責任を負せられた大正のアイヌは人々の光栄としてうらやむことだと思う」(北斗ノートより)

 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:21 [662]

 
北斗の皇国/文明讃美に見える表現には、たいてい対比として「アイヌの現状」がある。「誰がこの苦しみを与えたのだろうか」ということが根底にある。

その上で、「シャモに蹂躙されるままのアイヌも(このままでは)いかん、アイヌは日本の社会の中で、和人と伍して劣らぬ存在にならねばならない」と言っているのだ。
北斗は、和人、アイヌ、朝鮮民族、それぞれの民族がそれぞれの個性を発揮し、共存できる「多民族」の社会を目指していた。

「アイヌ民族は存在しない」という連中が、「北斗も同化を目指していた」と言うことが間違っていることは明らかである。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:26 [663] [引用]





 無題  [返信] [引用]
『ゴールデンカムイ』のアシリパさんは小樽のコタン出身の設定なんだけど、「小樽アイヌ」の文化の記録があまり残ってないので、他の地方の文化を参考にしているそう。だったら、折角だからドンドン近隣の余市の文化参考にしてほしい!
そして余市に来て5歳の違星北斗を出して!

北斗も祖先はオタルナイ出身で、鯱神の怒りを買って余市に漂流してきたと伝えられている。だから、小樽付近のアシリパとは親戚かもしれない。(妄想)

(2018年12月5日 twitter)

 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:37 [644]

 
違星北斗の祖先はもと「ザンザラケップ即ちオタルナイと言われた銭函付近」にいたそうだけど、このザンザラケップとはどういう意味なのかな。サン(棚)と関係あるのかな?
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:47 [650] [引用]

 
違星北斗の祖先はもと「ザンザラケップ即ちオタルナイと言われた銭函付近」にいたそうだけど、このザンザラケップとはどういう意味なのかな。サン(棚)と関係あるのかな?

地形的には海の近くなので、崖を背にして海に向かって開かれた地形に関係あるのかな、とか推測していました。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:48 [651] [引用]

 
違星北斗はイナウのことを「イナホ」「イナヲ」と表記する。
余市アイヌの方言だと思ったら、近隣の小樽にも使用例があった。

小樽市稲穂の地名由来は、稲の穂ではなく、アイヌの祭具イナホ(イナウ)から来ていると。
小樽アイヌの言葉はやはり余市と似てるのかも。

http://dragonjinja.ec-net.jp/yurai.html


管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:16 [660] [引用]

 
余市の「林家文書」などでもイナヲなどの表記がある。
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:17 [661] [引用]





 知里幸恵の写真  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 62.3KB )

知里幸恵さんの写真というと、画像検索すると有名な写真が何枚か出てきますけど、この少女時代の画像はネット上には上がってないのかな。
 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:53 [652]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 45.3KB )

時系列だと、こんな感じかな。
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:59 [653] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 8.6KB )

この時代は写真取る時、少女はお花を持たされていたのかな。


管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:00 [654] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 37.5KB )

2番めの写真と同じ場所かな。
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:01 [655] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 15.9KB )

よく知られた写真。
ちょっと固い表情。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:03 [656] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 14.7KB )

おばの金成マツさんとの写真。
珍しく笑っている。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:06 [657] [引用]

 
知里幸恵は写真によってだいぶ印象が異なるけれど、これも、アシリパさんの百面相を思い出してしまう。


自分は、アシリパさんのイメージの中に、知里幸恵と『アイヌ神謡集』の投影があると思っていて、大自然の中を駆け回るアイヌの少女、あれは時代的に現実にはありえない理想であり、悩み苦しみ悲しんだ知里幸恵の見た夢のようなものかもしれないのかなと。


管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:11 [658] [引用]

 
ここに描かれている世界は、そのまま作中のアシリパのイメージにつながる。でも、それは失われたものだと幸恵は言う。
『アイヌ神謡集』序文
https://t.co/xZYdnWYEdk
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 21:13 [659] [引用]





 無題  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 65.7KB )

教員用のアイヌ民族の歴史の教科書ガイド。すっごく勉強になるんだけど、違星北斗(載ってる!)のところは、ツッコミどころ満載なんだよねえ。

https://t.co/75wf9rvpVt

なんか、違星北斗が戦前の「北海道アイヌ協会」を作ったみたいに書いてあるんだけど……ちょっと飛躍しすぎ。吉田菊太郎らとの「アイヌ一貫同志会」が、戦前の「北海道アイヌ協会」(実質、そのようなものはなかったともいわれているけれども、仮にあったとしても)の前身の一つにすぎないし。


 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:40 [645]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 65.9KB )

いや、でもこんなに自信満々に教科書に「違星北斗、吉田菊太郎たちが仲間を集めてアイヌ協会を作った」と書いてあるのはなぜだろう……それを裏付ける文書でも出てきたのかな!? 1931年、北斗、死んどるよね?
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:41 [646] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 78.6KB )

「東京で事務員をしている時に、民族の復興を思い…」と書いてあるが、もちろん違う。民族の復興のために、東京に就職し、さまざまな学者文化人の知識を吸収して北海道に戻ったのだ。あと、北斗の生年月日ね。戸籍上は1902年1月、実際は1901年12月だけど、ここでは新説1903年説が登場。
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:42 [647] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 43.4KB )

あと、誤解を招きそうなのが「『コタン』を1927年に発刊」。実際はガリ版刷り同人誌『コタン』を1927年に発行(北斗の作品だけでなく、他の人の作品も掲載)、1930年に遺稿集『コタン』を発刊で、今言う『コタン』、北斗の著作としての『コタン』は1930年版。

いや、いい本だと思いますよ。でも、違星北斗がまるで「ヒーロー」になっちゃうじゃないですか。こうやって「歴史」って作られていくんですねえ。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:44 [648] [引用]

 
『アイヌ一貫同志会』自体が、実在したか確証に乏しく、藤本英夫の文章に伝聞としてでてくるだけで、他には見当たらない。当時の文章なり手紙なりには一切出てこない団体名なんだよね。
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:45 [649] [引用]





 アイヌの物語アニメ  [返信] [引用]
先程、「アイヌのお話アニメ」に辿り着きにくいと書いたのですが、キーワードがよくなかったようで、「アイヌのお話 アニメ」で検索するとうまく行きました。
でも、やっぱりラインナップが見られるちゃんとした公式ポータルサイト欲しいですよね。

くもの女神 - ヤオシケプ カムイ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/IXBy9TZOgQk

オキクルミの妹 - オキクルミ コッ トゥレシ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/bhsQGeWktiU

アイヌのお話アニメ オルシペ スウォプ 「レホッネ シンタ(60のゆりかご)」 https://youtu.be/25X8OosDCZk

小さなアワの穂 - ノカン ムンチロ プシ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/xewQ5MkF_lA

「ポイヤウンペ(サコイェ)」アイヌのお話アニメ オルシペ スウォプ https://youtu.be/EjFYrsYHcfE

サマイクルのイム - コンル カ タ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/TGwkOIv-0X0

うさぎがはねた(アイヌ語音声+日本語字幕) https://youtu.be/8RQ5Rprpw9U

パナンペとペナンペ トドのシラミ - エタシペ コムイ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/FKTaBUtuWxY

空の上の雪かき(アイヌ語音声+日本語字幕) https://youtu.be/GHHyQfFQK1U

空き家の化け物 - オハチスイェ - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/eeFrBqd5Pn4

この木たおれろ(アイヌ語音声+日本語字幕)https://youtu.be/FG2naTkjSHI

口輪を鳴らして - オタコチャンチャン - アイヌ語音声日本語字幕 https://youtu.be/svAr1R22owA?list=PLZxG9Trb0LOH3Dbj_2BH_rcKbUHDgieZw

赤ん坊の知らせ アイヌ語(オリジナル)音声 日本語字幕 https://youtu.be/7H7nF9W2R8g

この砂赤い赤い アイヌ語音声 日本語字幕 https://youtu.be/hPZicP4VDFk

 
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:30 [641]

 
これは別の「しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館」のページだけど、こういうページがあれば……。
http://www.ainu-museum.or.jp/takar/book/
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:30 [642] [引用]

 
素晴らしいまとめが。

「アイヌのお話アニメ」解説
https://togetter.com/li/504157
管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:32 [643] [引用]





 『アイヌの伝説 其情話』  [返信] [引用]
余市の郷土史家で北斗の友人の鍛治照三が『あけゆく後方羊蹄』に引用した違星北斗の手によるものとしていた童話「林檎の花の精」「ローソク岩と兜岩」が、大正13年の青木純二『アイヌの伝説 其情話』に掲載されているのだ。

これは、一体!?
これらは北斗の手によるものではないのか?どっちが先だ?


 
管理人  ++.. 2018/11/22(木) 00:07 [633]

 
大正13年なら、北斗は茶話誌に書いていた可能性もある。また、余市の伝説だから、北斗やほかの余市アイヌが青木純二に語った可能性もある。

逆に北斗が青木の文を茶話誌か何かに引用し、それを鍛治が、北斗のものとして引用した可能性もあるかも。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:04 [639] [引用]

 
北斗の評伝を書くには、当然余市コタンの歴史や伝承も相手にせねばならないのだけれど、実際はそこが難関だったりする。
北斗の祖先は鯱神を怒らせてオタルナイから余市に来たという伝承なのだが。
やはり小樽余市の伝説を調べねばならないのは必須なのであった。
シトナイ問題は北斗とも関連するのだ。

管理人  ++.. 2019/02/10(日) 20:06 [640] [引用]



 


     + Powered By 21style +