| TOP | ホーム | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

Gyaos BBS

画像は300kバイトまで。クリックで拡大表示♪
メルアドは暗号化されますので、ロボット収集されません。
投稿の編集・削除は、ページの一番下、右側の『編集・削除』ボタンからどうぞ。
名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 ■ まずは
   ++ グラニャ    
[返信] [引用]

 

ご自分を責めないで下さいね。
腎不全て言わば猫のお決まりみたいなもんなんだから。
中には病院知らずで長生きさんも居るんだろうけど、
むしろそちらは少数派だと思うので。
血液検査など治療方針は獣医さんによっても考え方が違うと思うのですが、例えば治療に積極的な獣医さんであれば
入院して集中的に静脈点滴などの治療を行い、1週間後程に検査するというのが私のこれまでの経験ですが、退院後については、さほど頻繁に血液検査をしてもあまり意味がないように思います。
大事なのは猫さんの状態で、これが難しいとこなんだけど
ウチの子達はバラつきがあって
最近看取った愛猫に関しては自宅点滴はしませんでした。
その前の子は毎日してましたが。
そして最近看取った方の子はやはり巨大結腸で便秘でした。
この子に関しては、年齢的な事もあり推定17才位だったと
腎臓の処方食の強制給餌と便秘対策の乳酸菌サプリと
貧血を改善したくてペットチニック等を与えていました。
私が一番重きを置いていたのが食事です。
たまたまウチの愛猫はロイヤルカナンフィッシュテーストを好んで食べてくれていたので、そのままペースト状にして強制給餌していました。
嫌がっても与えていたので、これはこれで申し訳ないなと。
有効な事が書けなくすみません。
とにかく猫さんが少しでも楽になりますように。


..2012/09/27(木) 20:21 No.17782

 ■ Re:まずは    ++ さくら     [引用]
 

グラニャさま
書き込みありがとうございます。私にだと解釈してお礼申し上げます。

そもそもが歯石除去の手術で入院した際のストレスがきっかけですので
再び入院して治療というのは主治医も提案しないのでしょう。
それより何より数値が悪過ぎるのでしょうが。
血液検査、悩みます。
猫のストレスももちろんなのですが、悪化していた時のショックが大き過ぎて
次もっと悪くなってたら…と思うと怖いのです。

グラニャさんは何度か辛い経験をされてるんですね。
私は初めての猫です。
きっとこの子以外と暮らすことはないと思います。
最近はキドのカリカリを薄めたスープでふやかしたものを食べてくれています。
腎臓食にしてもあまり、みたいなこと言われてもやはり出来るだけ
負担の少ない物を食べて欲しいですよね。

初めあっけないくらいに協力的だった点滴も、最近は嫌がるようになってしまって。
徹底的に反抗されると本当に困るので、何とか頼み込んで100mlだけでもさせてもらってます。
今日はこれからです。ご機嫌がいいといいのですが。

ご意見ありがとうございました。
1つでもお返事が頂けて嬉しかったです。
まだまだこれからだと思ってがんばります。



..2012/09/27(木) 21:07 No.17783
 ■ Re:まずは    ++ じいや     [引用]
 

さくらさん

私もグラニャさんと同意見で、腎不全は猫の宿命だと思います。20歳以上で元気なコでも、3割の機能が残っているかいないかのギリギリのところなんではないかなぁと思います。このギリギリを超えない限り、腎不全の症状は出ませんもんね。

投稿を拝見して思ったのは、BUNに比較してCreがとても高いということです。言い換えればCreのわりにBUNが低い。BUNも低くはないですが、Creが10台だということは、例えばBUNが200ぐらいあってもおかしくないというか、そういうバランスの数値をよくみかけます。

Creが高いということは腎臓が悪いということだとは思いますが、ほかの病気を、例えば併発している可能性などはないでしょうか。猫の負担はできる限り取り除いてあげたいのですが、セカンドオピニオンをとってもいいかもしれません。

セカンドをとっても同じような結果しか得られないかもしれませんが、それならそれで納得もできます。
猫ちゃんを連れて行くのが忍びないなら、検査結果を手にさくらさんだけが病院に相談に行くこともできます。超有名病院でなければ、相談料は30分1000円〜1500円ぐらいではないかと思います。

検査の間隔についても、「先生ならどうされますか?」という感じで、別の意見が聞けると飼い主もけっこう落ち着くというか、判断材料を得ることができます。

私の場合は、超高値のコの場合、1〜2ヶ月に一度でした。具合があまりに悪そうなときは、突発的に検査をしてもらったこともありました。

なぜ検査をするかというと、輸液の量を決めたかったからです。100mlで足りているのかいないのか、200mlにした結果、数値に変動はあったのか、維持するためにはどのくらいの輸液量が必要なのかを見極めたかったのです。

もう一つは、貧血の数値を把握するためです。
腎不全が進むと、多くの場合「腎性貧血」という貧血が起こります。腎性貧血には造血ホルモン剤が効きますが、いつ造血ホルモン剤(エポとかepoとかエリスロポエチンと呼ばれます)を打てばいいのかを見極めるため、仕方なくというかやむを得ず検査をしていました。

造血ホルモン剤は、投与したくないという獣医さんも多いし、打ちたくないという飼い主さんもいるので、その場合は検査はしなくてもいいのかもしれませんが、私の場合は現状を把握する必要があるときに検査をしました。
※造血ホルモン剤には、副作用があるといわれているからです。しかし、副作用が起こらない猫もいます。

病院嫌いのコを病院に連れて行くのは辛いものです。貧血さえ心配ないなら、毛ヅヤだとか元気の有無によって連れて行かないというのも手です。
検査結果を把握したところで、とくに治療内容を変えないのであれば、やはりしなくてもいいのかもしれません。

薬を獣医さんが進めないのは、私もうなづける点があります。
活性炭は、相当大量に与えないと、もしくは初期腎不全でないと効かないという獣医もいます。

またACE阻害薬も、初期腎不全には有効でも、進んだ腎不全になるとかえって腎臓に負担をかけるという意見を持った獣医さんを、少なくとも私は3人知っています。
投薬自体、とてもストレスを受けるコもいます。

腎臓食については、経験上有効だと思います。でも、食べないよりも食べることが腎不全はとても大切です。
痩せてしまうのはある程度は仕方ないのですが(ここを焦りすぎるのは飼い主さんの精神的疲労を増やしてしまいます)、できれば痩せるのは避けたいです。
食事で栄養をとれないと、猫は自分の体をけづってエネルギー源にしてしまいますが、その際に血液中に放出されるBUNは、食べ物によって出てくるBUNよりもずっと多いからだそうです。

療法食を食べてくれれば一番いいですが、病院に連れて行かれたり、輸液をされたり、なんとなく体がだるいときに、あんまり美味しくないものを食べさせられるのは果たして猫にとって幸せなんだろうか?とも思います。
※ただし、心を鬼にして療法食を食べてもらっている飼い主さんもいて、いい結果を得られている場合もあると思います。

> 最近はキドのカリカリを薄めたスープでふやかしたものを食べてくれています。
> 腎臓食にしてもあまり、みたいなこと言われてもやはり出来るだけ
> 負担の少ない物を食べて欲しいですよね。

キドナを食べてくれるのは素晴らしいですね!
点滴も、本当に元気がないと抵抗する元気もなくなってしまいます。

Creが高いのは謎ですが、猫ちゃんの調子を一番の目安にするという方法もあるかもしれません。

さくらさん、ただでさえ精神的にもいっぱいいっぱいだと思うので、セカンドをとることはホントにお勧めします。私も何人かの獣医さんと話すうちに、できることとできないことがわかってきて、落ち着くことができました。

何を取り入れるかは人それぞれで、私が書いたことはあくまで参考にとどめてほしいのですが、いろいろな選択肢をわかった上で、そのコにぴったりのスタイルをぜひみつけてほしいです。


..2012/09/28(金) 20:17 No.17786
 ■ Re:まずは    ++ ねこふわ     [引用]
 

さくらさん
初めて書き込みます。ウチは半年前ねこさんのケガの検査で、腎臓の数値が高いことがいきなり発覚したのが始まりです。

ワタシも初めてのねこさんです。元気で病院にもほとんど行ったことがなく、ビックリして、なんでもっと早く気づいてあげられなかったんだろうと、申し訳ない気持ちで泣きたくなる後悔の日々でした。
毎日明け方に胃液を吐き、便秘も2週間とか。。体重も2ヶ月で0.8k減。療養食は食べてくれず、当時最高はBUN81.2 CREA6.7 。少しずつ下がってはいますが、CREAは4前後で高止まりかな…
でも、次第に検査の度に数値に振り回されてる気がしてきたのと、通院のストレス&大切な血液取られて体にいい訳ない気もしてきて、思いきって転院し、すがる思いでネットで買ったサプリも勇気出してやめて、今は自宅輸液とカリカリ療養食です。療養食は5ヶ月経ってからナゼか急にバリバリ食べはじめたんです。涼しくなったせいか食欲も出てきて、便秘も軽くなり、体重も少し増えました♪

今後血液検査には様子見ながら行くつもりです。もしかして輸液減らしていいとか、もうしなくても大丈夫維持できていますとか、言われたいからです。(夢)^_^;

輸液はこれから寒くなるので、液をレンジなどで温めてからやると気持ちよくておとなしいかもです。あと、個人的には歯の病気と腎臓の調子は結構関係があるような気がしています。

今13才。少なくとも18才は超えてもらうつもりでねこさんを応援しています。さくらさんも元気出して一緒に頑張りましょう〜☆(^o^)/*


..2012/09/29(土) 16:18 No.17791
 ■ Re:まずは    ++ さくら     [引用]
 

じいや様

検査結果を持って他の獣医さんの意見を聞く・・・
そういう選択肢もあるのですね。
何件か獣医さんがあるので、行ってみます。

貧血のことは前回の検査で言われて検査項目に入れてもらいました。
今後は猫の様子を見ながら検査に行くタイミングを考えます。
尿が採れれば尿検査もしたのですが、なかなかうまく行かなくて…

ネフガードが届いたので昨日の夜、今日の朝、夕と与えました。
真っ黒な見た目で焦りましたが気にせず食べてくれたのでよかったです。
便秘も下痢も怖いので、様子を見ながら量を変えて行こうと思います。
大量には無理ですが、何もしないよりは絶対ましなはず!と信じます。

以前はふやかしたカリカリなんか絶対に食べない子だったので
ダメ元であげて食べてくれた時は驚きました。
でもやはりカリカリそのままの方が好きなようなので
普通食でも療法食に近いものを常に出しておくようにしてます。
最近は自ら食べるようになってきて嬉しいです。

点滴も初めの頃はやりながらゴロゴロ言う時もあったんです…
今はモソモソ落ち着かなくてなだめすかして大変です。
でもじっとしてるのが嫌なくらい元気になってきたのかも。
暴れてどうしようもない、というのではないので
これ以上嫌いになられないよう気を付けて続けて行きます。

ご意見本当にありがとうございました。
参考になりました。がんばります!


..2012/09/29(土) 21:47 No.17793
 ■ Re:まずは    ++ さくら     [引用]
 

ねこふわ様

申し訳なくて毎日泣きたい気持ち、本当にそうなんですよね。
自分には関係ない病気としか思っていなかったアホな飼い主です…

便秘2週間・・・辛過ぎます・・・
うちは便秘持ちなので辛さはよくわかります。
療養食、食べてくれるようになってよかったですね。
食べる物食べないと、出る物も出ませんから。

> 今後血液検査には様子見ながら行くつもりです。もしかして輸液減らしていいとか、もうしなくても大丈夫維持できていますとか、言われたいからです。(夢)^_^;

その気持ち、よくわかります。
「悪くても冷静に受けとめよう!」って思ってるんですけど
心の奥底は「すっごい改善してたりして」って期待してるんです。
それが精神的にすごくしんどいんですけど…
本にゃんはそれ以上にしんどいんですよね。

輸液の温度はこれからの季節気を付けないと、ですね。
レンジでの温め方、ちゃんと調べて勉強しなくちゃ。

うちも来年2月で13歳です。
ずっと掲げてきた「目指せ20歳!」は変えずに行こうと思います。

書き込み本当にありがとうございました。
同じような状況にある方からのご意見は本当に参考になるし
励まされます。
これからもがんばりましょうね!


..2012/09/29(土) 22:06 No.17794





 ■ 自分が情けないです…
   ++ さくら    
[返信] [引用]

 

初めて書き込みます。
詳細は省きますが、自分の無知と危機感のなさから愛猫を腎不全にしてしまいました。
後悔の日々です。

9/6 BUN 43 CREA 7.3
9/8から毎日自宅で皮下点滴(500mlを4日のペース)を続けて
9/24に再度血液検査をしたところ
BUN 59 CREA 10.4 と改善どころか悪化してしまいました。

数字は末期であり、腎臓の機能は一割程度だそうです。
主治医はなるべくなら腎臓食がいいが、続けたからと言って今後改善
するかどうかはわからないので、食べることを優先にするようにと言い
薬については与えることで必ず効果があるとは言えない
与えることのストレスの方が大きいと思う、とのことでした。
うちの猫は便秘もちなので、その辺も考慮してるのかもしれません。 

現在は毎日自宅で皮下点滴だけしていますが
食欲不振以外は症状がない状態で一時のだるそうな感じも今はありません。
(とはいえ、体重は2ヶ月で約1kg減…十分な症状かもしれません…)
数字は末期と言われてもとても信じられない気持ちでいます。
なので、ネットで活性炭を購入して与えてみようと思っています。

と、長々すみません。
質問は血液検査についてです。
皆様はどのくらいの頻度で受けていますか?
状態を知るために必要だとは思うのですが、通院と針を刺されるストレスを
考えるとあまり頻繁に行くのも…と考えてしまいます。

それでなくても、点滴も無理やり舐めさせられる栄養剤も
猫にとっては迷惑なことばかりで本当に毎日毎日謝ってばかりです。

自分の周りには「病院なんか一度も行かずに20歳よ」という猫飼いさんしかいなくて
「気分転換に妹猫ちゃんでも飼ったら?」と言われとても悲しい気持ちになりました。

あー愚痴ってごめんなさい。
何でも構いません。ご意見いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


..2012/09/26(水) 21:48 No.17781

 ■ Re:自分が情けないです…    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

さくら 様。

>自分の無知と危機感のなさから愛猫を腎不全にしてしまいました。

 御自分を責められるのは、未だ早い時期、と思います。 まだまだ出来ることはあります。 飼い主として、医療その他の知識を万全にして、愛猫のために出来るだけのことをしたい、と思われるのは当然ですが、長命の猫の飼い主でも、何もしない人は沢山居ます。 それらの例では、猫が丈夫で、長命であっただけで、飼い主が万全の策を講じた結果であることの証明にはなりません。 結果論です。
 愛猫が病気になり、自分が如何に飼い猫に対して愛情を持っていたかを、改めて知ることになった人は、残された日々を濃密な空間に変え、自分と猫との時間を大切にすることが出来ます。 私自身が、昨年来、経験したことでした。 我が家の愛猫「とら」が、腎臓病の宣告を受けた時には、眼の前が真っ暗になりましたが、死刑宣告を受けたのでは無い、と思い返して、闘争心が湧いて来るようでした。 
 私の家族は、人間は一人も居ません。 皆、猫です。 私は、一人で生き、死んで行く決心をしていますが、心残りなのは、猫達です。 彼らのために、相続をどうする、とか、残された猫をどうする、とか色々と考えながら、身の廻りを整理し、処分し、人生の結末をつけなければなりません。 
 そして、この国で生まれ、不幸な猫生を送らねばならない多くの猫達のために、少しでも出来ることがあればしたい、と思いながら僅かばかりの寄付金をNPOに送金してもいます。 どうか、御自分の飼い猫さん以外にも、愛の手を差し伸べる少しばかりの御助力を御願します。 少しばかりの力でも、集まれば、殺処分のみであった保健所ででも、変化の兆しが観られるようになったのですから(大阪府東大阪市の保健所等)。


..2012/09/28(金) 20:48 No.17788
 ■ Re:自分が情けないです…    ++ さくら     [引用]
 

トラ猫イーチ 様

そうですね。まだまだ出来ることたくさんです。
検査結果を聞いた後は相当落ち込みました。
でも猫の様子が落ち着いていて、本当にそんなに悪いのか?
と思ってしまうほどなので次第に落ち着いてきました。
(とはいえ食欲不振は相変わらず、でも自らも食べるようになってきました)
とにかく猫が毎日平和にゆっくり生活出来ることを基本にして
なるべく体にいいことを続けて行ってあげなくちゃと思っています。

フードの提供はしたことがありますが、寄付はしたことがありませんでした。
不幸な猫さんが少しでも減るよう、私も協力していこうと思います。
ご意見ありがとうございました。





..2012/09/29(土) 21:21 No.17792





 ■ 無題
   ++ ALBA    
[返信] [引用]

 

クリックで拡大表示 ( .jpg / 162.7KB )
フォーラムの皆様、初めまして。

今年の春先、こちらでトピックに返信したことがあるのですが、改めて自己紹介させて下さい。

去年10月下旬、愛猫のChocoが慢性腎不全および糖尿病と宣告されました。
糖尿病は過去に患っており、少しの期間インシュリンを注射していましたが、それも徐々に必要なくなり、その後は完治したと言われていました。

食餌には糖尿病になる以前から気をつけていたつもりで、ダイエットもさせていたのですが、体重は5.6kg前後で停滞していました。

私は米国在住で、年に2,3回日本に一時帰国しており、その間いつもペットホテルに預けているのですが、今回はホテル滞在でのストレスと運動不足で、糖尿病が再発してしまったようです。
ホテルから自宅に戻ってすぐに具合が悪そうなのに気付き、獣医院で診察→急遽入院となりました。

当時の毎日の血液検査では、血糖値が690mg/dL前後、BUNが>130(測定不能)、Creaが7.5前後という数値。
こんな状態で、病院からは当然、「覚悟してください」と宣告されていました。

結局その時は、とりあえず一週間後に退院することができましたが、危険な状態は依然続いていました。

自宅では4時間毎に血糖値を測定、必要に応じてインシュリンの量を調整していたのですが血糖値が安定せず、2月までの間に、ケトアシドーシスでさらに2度入院しています。

糖尿病と腎臓病の併発で難しいと感じたのは、病状を改善させるための治療方針が互いに反することです。
糖尿病の観点からは当然減量を勧められますが、腎臓病では食欲不振で次第に痩せ細り、重ねて貧血になる恐れもあるので、食餌意欲を高め体重維持することを勧められます。
フードも、糖尿病では高タンパク質、低炭水化物ですが、腎臓病フードはその逆でしかも高カロリーです。

どちらを重視したフードを与えるべきなのか、いろいろ与えてみながら獣医師と相談しましたが、食欲も落ち、強制給餌するようになってからは、とにかく食べてくれるものなら何でも、という状態に至りました。
経験者の方なら分かってもらえると思いますが、ほとんど泣きながら強制給餌しました。飼い主も辛いし、猫も可哀想ですよね。

毎日、血糖値測定、強制給餌、皮下点滴、嘔吐物処理を続けながら、月日が流れました。
起きている時間帯には、2時間毎にボトルで新鮮な水素水を与えたりもしていました。

そして3度目に入院した2月、思い切って同じ病院内の別の獣医師に診てもらいました。

それまでの獣医師は大変若くて親切な方でしたが、この状態では改善は見込めない、数値は悪くなるだけなのは予測されているので、今できることだけをやって、もっと悪くなったらお別れを言って楽にさせてあげましょう、というスタンスでした。
でも私は、病気にひれ伏して、現状維持だけすることを受け入れられなかったのです。

新しい獣医師の方針は、とりあえず糖尿病の方を落ち着かせましょうとのことでした。病状の維持ではなく、改善に力を置いてくれるのを感じました。

ちなみに、当時の腎臓数値は、BUN90/Crea4、PCVが26%で、25%を下回ったらエリスロポエチン処方予定でした。
貧血に関しては、造血ホルモンは極力避けたかったので、できるだけ数値を改善させるために、日々の栄養補給に気を配り、混ざり物のないスピルリナの錠剤を購入して、嘔吐の症状がない時にごく少量与えてみました。
ペットチニックとか、いろいろ購入してはいたのですが、当時は嘔吐が酷く、こちらは与えられませんでした。

食餌は、ドライの糖尿病食(Purina Presription DM)、缶フードはTiki Catの、腎臓病食でも糖尿病食でもない、ごく普通のものです。
これらが、唯一食べてくれるフードでした。ドライはあくまでも補助的で、主に缶フードを与え、食後の血糖値の変動をみました。
薬は、食欲増進剤と胃薬を常備、常用していたのはリン吸着剤のみ。血糖値測定→インシュリン注射と皮下輸液100mlは毎日の日課でした。

結果、上記の食餌コンビネーションだと血糖値が安定することが判り、ほぼ一ヶ月後にはインシュリンが必要なくなりました。検査の結果、糖尿病は治癒とのことでした。
腎臓の数値は前回と大差なかったですが、貧血が大幅に改善され、また、リン吸着剤が不必要になりました。

そして3ヶ月毎の検診で、先日新たに検査を受けてきたのですが、BUNが20と正常値範囲になり、Creaが2.7にまで下がっていました。(体重は、さらに太って6kg超え………。)

約10ヶ月猫と一緒に闘病していますが、ここには書ききれないほど、いろんな事が起こりました。私自身の体力も精神力も限界になった時もあります。
でもこの検査結果を見た時は、初めて「報われた・・・」と感じた一瞬でした。

もちろん、まだ闘病生活は終わっていません。
でも以前よりは断然楽になり、現在は前記のフード+水素水給水(気休め程度)を与え、適度に運動させながら過ごしています。
毎日100mlの輸液も喉をゴロゴロ鳴らしながら受け入れてくれています。18ゲージの太い針ですが、この体重ならではの皮の厚さ故、大丈夫なのかもしれません。

でも、いつ病状が悪化するか知れないという恐怖もあります。(ストレスで血糖値が上がる体質なようなので。)

腎不全と糖尿病の併発というのは、調べてもなかなか見つからなかったので珍しいケースなのかと思っていたら、そうでもないようです。

まとまりのない長文を書いてしまって大変恐縮なのですが、どなたか同じように悩んでいらっしゃる方の参考に少しでもなるかと思い、投稿させていただきました。

こちらの掲示板には大変役立つ情報がたくさんあり、度々読ませて頂いています。
今後も投稿することがあると思いますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

現在闘病中の猫ちゃんの飼い主の皆様も、どうぞご自愛ください。


..2012/09/28(金) 05:18 No.17784

 ■ Re:無題    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

ALBA 様。

>BUNが20と正常値範囲になり、Creaが2.7

 これぐらいの数値ですと、後は、食事療法で維持出来るのでは、と思います。 我が家の「とら」と同等の数値ですもの。 羨ましいのは、体重です。 「とら」は1`以上減りましたので、獣医さんには、体重を元通りにすることは望めなくても、出来得る限り増やして、体力をつけることを忠告されています。 
 それにしても、獣医さんの治療方針とか、飼い主と飼い猫に対する姿勢とかの相違によって、相当に結果が違うことになるようですね。 私も、経験がありますが、やはり、医師としての経験と力量は、同じ獣医師でも相違するのは事実です。 人間の場合にも、「藪医者」は居ますので、愛猫を救える場合にも、「藪医者」では無理でしょう。 ですので、セカンド・オピニオンは、必要だと思っています。
 我が家の「とら」は、これから、血液検査です。 眼病と併せて専門外来が御有りの病院へ通院していますが、最悪の事態で、最期になれば、通い馴れた近くの獣医さんに依頼しています。 でも、絶対に、「楽にしてやる」等と云って、見捨てることを合理化することはしない、と決めています。 息を引き取る最期の瞬間まで、一緒に頑張ります。


..2012/09/28(金) 13:56 No.17785
 ■ Re:無題    ++ じいや     [引用]
 

ALBAさん、はじめまして。

私は糖尿病と腎不全とを同時に併発したコを飼った経験はないのですが、ステロイド投与を原因とする糖尿病猫を飼っていました。そのコは2回糖尿病になり、2回とも完治しましたが、腎不全で数年前に永眠しました(年齢的な腎不全だと思います)。

アメリカの糖尿病猫ちゃんの飼い主さんともメールなどで交流を持ちました。アメリカは治療費もべらぼうに高いし、あきらめることが猫の幸せ、と考える獣医さんが多いようです(同意できる部分もあります)。
そんな環境の中で本当に頑張られていると思います。

糖尿病と腎不全を併発している猫ちゃんのケースは、私もけっこう目にしました。どうしても年齢を重ねれば腎不全になりやすいですし、糖尿病になるとさまざまな臓器に負担がかかるからだと思います。
私の糖尿病だったコも「腎臓に注意するように」とよく言われていました。糖尿病食はタンパク質も多いですよね。

併発している飼い主さんたちは、私の記憶では糖尿病よりも腎不全に注意していたと思います。
糖尿はインスリンでコントロールして、ご飯などは腎不全に適したものをチョイスしていたと思います。

糖尿はタンパク質を採れといい、腎不全は脂肪のほうがいいと言いますよね。本当に悩ましいと思います。より重いほうの症状に対して治療する、というパターンも多いかもしれません。

糖尿は完治されたということですが、再度糖尿病にしたくないというお気持ちも十分にわかります。

糖尿病も腎不全もよく聞くのは、「質のいいタンパク質を採ること」です。タンパク質も、ある程度は腎不全であっても必要ですよね。
では「質のいいタンパク質は何か?」となったとき、あまり明確な答えはなかったのですが、新鮮な鶏肉などはいいというのは聞いたことがあります。

鶏肉はタンパク質の塊ですが、分解されたとき、あまりBUNを出さないという説があるそうです(あくまで一説かもしれません。どこかで裏をとったほうがいいです)。
私の場合は、糖尿病の猫が偏食でもあったため、毎日サーモンのお刺身とササミを柔らかく茹でたものをあげていました。

タンパク質のほうが血糖値を上昇させないと思うのですが、以下の人間用のサイトでは、「糖尿病で腎不全の場合、タンパク質の制限はやはり必要」という結論でした。
http://www.dm-net.co.jp/seminar/26_3/

いまインスリンを打っているわけではないので、再発させないことが大事になるわけですが、やはり難しいですね…。インスリンを打っている状態ならば、「糖尿はインスリンになんとかしてもらって、食事は腎臓食にする」とはっきり決められるのかもしれませんが…。

お役にはぜんぜん立てないのですが、茶トラのかわいこちゃんがこのまま腎不全も落ち着き、糖尿病の再発がないことをお祈りしています。


..2012/09/28(金) 20:48 No.17787
 ■ ありがとうございます    ++ ALBA     [引用]
 

とら猫イーチさま、じいやさま、ご返信ありがとうございます。

とら猫イーチさま
数値はとらちゃんと同じ位ですか?
以前猫イーチさんの投稿を拝見して、腎不全でも低目の数値で、羨ましいなぁと思った記憶があるので、とらちゃんと同じくらいまで下がってくれたのかぁと遠い目になってしまいました。

その後の検査結果はいかがでしたでしょうか。

獣医師それぞれ、治療に対する信条や方針が異なっていますよね。
前の担当の先生は卒業ホヤホヤの新人さんで、診察前から多少不安だったんですが、オールド・スクールの先生よりも、サプリメント摂取などに関してオープンな見解があるかなと思って、通い続けていました。
でも、「これ以上何も出来ないから」とチェックアップの度に言われて、気が滅入っていたんです。これはもう、先生を変える時だなと思いました。

新しい先生もお若いですが、先に起こりうる事を見越してアドバイスくれるので、予防という面からも大変助かっています。

とらちゃんも、他の猫さんたちも、とら猫イーチさんに本当に愛されているのを感じます。
お互いに頑張りましょうね。


じいやさま
糖尿病・腎不全併発の猫のオーナーさん方が、いったいどんな食生活をさせているのだろうかといつも疑問に思っていたので、大変参考になりました。

食餌に関しては獣医さんも結構悩んでいらっしゃいましたが、とりあえず食べてくれるものなら何でも、という所から始まり、現在も非・治療食がメインのままです。
幸い、腎臓への負担は少ないタイプのもののようですが、折を見て腎臓サポートのフードも置いてみようかと思います。今後の検査結果の様子を見ながら試行錯誤を重ねてみます。

前回の検査で、血糖値が少し高め(120mg/dL)だったのが気になりましたが、興奮状態だったせいかもしれません。今週末、自宅でサンプルを取って測定してみるつもりです。

>鶏肉はタンパク質の塊ですが、分解されたとき、あまりBUNを出さないという説があるそうです
私も、これと同じような事を耳にしたことがあります。どこだったか思い出せないのですが・・・。

うちの子は偏食なのか、人間の食べ物は口にしないようです。
私自身ベジタリアン(ビーガン)なので、自宅でそういう食物に触れる機会があまりないからかもしれません。

今与えている缶フードにはイカが入っていて、鶏のものも試しましたが、食べてくれませんでした。シーフードが好みみたいです。

今後も、気分が悪くなると嗜好が変わる可能性が大なので、頂いた情報をもとにいろいろ試してみたいと思います。

いつも、参考になる情報ありがたく拝見させて頂いています。
お二方、本当にありがとうございます。こちらの掲示板があることで、本当に心強いです。
ありがとうございました。


..2012/09/29(土) 06:04 No.17789
 ■ Re:無題    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

ALBA 様。
 我が家の猫達と私への温かい御言葉を有難う御座います。
昨日(9月28日)の血液検査結果は、クレアチニンが2.5で、前回と変わり無く、体重が少し増えました。 獣医さんは、体重の増加の方を評価して下さいました。 
 「とら」は、サイエンスのK/Dチキン入りを良く食べてくれますし、ロイヤルカナンのドライも食べてくれます。 獣医さんの忠告で、鰹節の煮汁を振りかけてやることで食欲が増すようですし、鰹節を少し(パラパラ程度)振りかけると、その臭いで食欲が増すようです。 これは、日本猫だからでしょうけれど。 
 「とら」は、兎に角、お魚が好きで、腎臓病になってからも、好きな魚だけは、毎日は無理としても、週に一度は必ず与えています。 新鮮な魚を、煮出して、塩分を取り出し、骨を全て除去してから与えていますが、猫達は、大鍋で煮ている間から、大騒ぎです。
 この間の経験からは、魚を与えても、必ずしも腎臓に悪い訳では無いようです。 与え方にもよるのでしょう。 獣医さんにも、魚や鶏肉なら良いと言われる方も居ます。 ただし、鶏肉のささ身部分よりも胸肉の方が良いと言われる獣医さんが居られるので、私は、胸肉しか与えません。 猫の病状により、体重減少より数値の正常化が大事な場合もあるでしょうし、あくまでケースバイケースなのでしょう。
 「とら」の場合、療法食のみで治療していたところ、クレアチニンは正常値に戻りましたが、体重が減り、心配した獣医さんが、療法食のみでの治療法を微調整されました。 私も、素人ながらネットから専門書を渉猟して一夜漬けの知識を得ましたけれども、それこそ、東洋医学から西洋医学まで、昨今では、嘗てのハーブ類をも利用する治療法まで諸種存在しますので、愛猫に合った治療法や獣医さんであれば、それで良いのではないでしょうか。 要は、「白い医学でも黒い医学でも」猫が助かれば良い、のですから。 
 私は、人間も猫も、食養生が一番大事、と思っています。 これから、老人の域に差し掛かる飼い主に、愛猫「とら」が身を持って知らして呉れました。 また、ひとつ、愛猫であり相棒である「とら」に借りが出来た、と今横で寝る「とら」の寝顔を観ながら思います。


..2012/09/29(土) 11:09 No.17790





 ■ 無題
   ++ りりっち    
[返信] [引用]

 

クリックで拡大表示 ( .jpg / 214.1KB )
何回か書き込みしたものです。みなさん、こんにちは。

24歳と約半年の老猫さんモモさんですが、最近急に
ボケが進んで来ました。

ウンチの方はかなり前からあちこちで踏ん張ることが
多く、トイレでする事と他でする事と半々位だったの
ですが、

最近はおしっこの方の粗相が毎回になってしまいまして。

トイレは別の部屋に置いて有るのですが、昨日茶の間へ
移動し、今日トイレでしている姿を久々に見て思い切り
褒めてあげたんですが、

あっ、勿論粗相しても起こりませんよw

こちらの板に同じ位の年齢の老猫さんを飼ってる方
いらっしゃいますか?

ボケって急に進んじゃうんでしょうかね?

何だか余り目も見えてないような気がします。元々向かって
左目に染みが有り、その目が機能してない感じがします。

鼻だけはバッチリで、大好きなサーモンやサンマを焼いたり、
ご飯のトコに置いただけで寝てるのに起きて来る位鼻だけは
良いですね。

そのご飯も、鼻は効いてるはずなのに、ご飯場所で探すん
ですよね。だから大分目も弱っているとは思うんです。

年齢的に覚悟はしてますが(イヤだけど)、もう少しだけ
長生きして欲しいです。

家を留守がちにする事が多い家なので、昼間誰も居なくて、
私が夜中帰る事が有るのですが(仕事の関係で)、やっぱ
部屋に入る前にちょっと躊躇しますよ…。

家に入る前に既に泣き声聞こえたらホッとします。


写真は犬用シートに囲まれてる今日のモモさんです。


..2012/09/02(日) 12:33 No.17757

 ■ 高齢猫を飼っているわけではありませんが…    ++ じいや     [引用]
 

りりっちさん、こんにちは。
24歳とは!素晴らしいです。

こちらはどうしても腎不全の話題が多いので、レスがつきにくいのかもしれませんが、こたみさんのスレッドでも紹介されている老猫会の掲示板(終了した掲示板)で、「痴呆」などで検索すると、役に立つ体験談があるかもしれません。

http://oldcat.moo.jp/sbu2_bbs/sbu2_bbs.cgi
ページの一番下に検索ワードを入れる場所があります。

猫友さんの猫は、23歳まで生きてくれたのでが、まったく目が見えませんでした。でも飼い主さんの工夫で安全に過したし、ごはんの場所もわかっていて、甘えん坊のかわいこちゃんで、最後まで楽しく猫生をまっとうしたようでした。モモさんもとてもかわいいです。


..2012/09/05(水) 12:22 No.17762
 ■ Re:無題    ++ riko     [引用]
 

はじめまして。
うちの老猫(17歳くらい)も最近急に老化現象がみられるようになってきました。
去年くらいまでは見受けられなかった粗相も最近になって度々見るようになり、本猫の意思とは関係なく漏らしてしまっていたりします。
しかも漏らしていること自体に本猫が気づいていないのか?気にしないのか、そのまま濡れた状態で座っていたりします。

鼻も悪くなってきたのか、またたびにもまったく反応しなくなりました。

食欲も落ちてきてどこか弱くなってはいないかと、最近動物病院に連れていったところ、慢性腎不全の第3期になっていることが発覚しました。

実家の田舎で外飼いの猫なので、あまり健康面など細かく見てあげられていなかったことを反省しました。

落ち込んでしまいましたが、週一回の点滴と療養食をスタートさせてから、徐々にですが血液検査の結果も安定に向かっています。

動物って苦しくても、言葉をしゃべれないし、思ってる以上に我慢しているのでしょうね。
飼い主が日々のちょっとした変化にも気を配って、状態の変化に気づいてあげることが本当に大事だなと思いました。

りりっちさんの猫さんは、24歳とはすごいですね。
もっともっと一緒に長くいられるように、これからも頑張っていきましょうね。



..2012/09/08(土) 19:34 No.17764
 ■ Re:無題    ++ りりっち     [引用]
 

じいやさん

rikoさん

レス有難うございます。書き込み以降、つい先日(9/17)
ですが、向かって左の頬が腫れてしまい、ご飯も水も食べれ
なくなってしまったので今病院通いしてます。

雑菌が入り込んで、膿んでるらしいのですが、本来なら

「麻酔して切開して、原因取り除く、歯を治療する」等

するのですが、皆さんご存知だと思いますが、高齢猫は
麻酔に耐えれないので、膿をドクターが搾り出し、抗生剤、
注射で3日間の様子見です。

今日血液検査もしたのですが、略語をすっかり忘れて
しまったのですが、

白血球が正常値10000程度のところ、32000。
これは今化膿してる為だと言う事でした。

肝臓2項目有ったのですが、両方正常。

腎臓2項目有ったのですが、片方は上限2.0がギリギリ
2.0(前回2.8)、もう片方は上限80が89と少し
高め

と言う結果でした。

調べてみたところ、2.0と言うのは恐らくクレアチニン
だと思うのですが…。

年齢の割りにほぼ正常と言う事で、お医者さんも驚いて
ました。

食欲は有るのですが、痛みで食べれないのか、少ししか
食べないので、火曜日に注文したフェロビタIIとビオ、
べテリナリ―待ちです。


..2012/09/21(金) 17:53 No.17777
 ■ そうだ、忘れてた…質問なのですが    ++ りりっち     [引用]
 

カリカリをふやかしたり、ペースト状にする方法、
手っ取り早い方法って何か有りませんか?

カリカリって、固いですねw

多目の水の中に入れて、チンして、小さなすり鉢で
潰しても、全然柔らかくなるだけで、潰れません…。


..2012/09/21(金) 19:15 No.17778
 ■ Re:そうだ、忘れてた…質問なのですが    ++ グラニャ     [引用]
 

よく覗くのですが初めてカキコします。
カリカリはミルサーで粉状にしてお水で溶くとペーストになります。
ただ水分を吸収するので量は増えますが、それが一番簡単ですよ。


..2012/09/21(金) 21:22 No.17779
 ■ Re:無題    ++ りりっち     [引用]
 

グラニャさん
ありがとうございます。

やっぱミキサーですか。うちに有ったな。
ジューサーだった気もするけど(苦笑)。

安いのがホームセンターに有れば購入して
みたいと思います。

ミキサー買っても他に使わないしな…。

しかし、カリカリって固いですよねw


..2012/09/22(土) 11:25 No.17780





 ■ オキシリラックスレンタル希望します。
   ++ こたみ     
[返信] [引用]

 

moommamaさん。
オキシリラックス。レンタルをお願いしたいですが、
どこから入ればよいのかわかりません。
どうすればよいでしょうか。
私は毎晩心が折れるのですが、おじいさんは踏ん張っています。
老猫は愛しいです。


..2012/09/20(木) 15:27 No.17774

 ■ Re:オキシリラックスレンタル希望します。    ++ Mew     [引用]
 

こたみさん
moomamaさんへ連絡つきましたでしょうか?
連絡がついていればいいのですが
もしまだなら下のこたみさんのスレッドNo.17768 に
moomamaさんがご自身の連絡先を書かれていらっしゃいますので
直接ご連絡されてみられてはいかがでしょうか?

踏ん張ってるおじいさんの時間が穏やかでありますように
祈っております。


..2012/09/20(木) 20:49 No.17775
 ■ Re:オキシリラックスレンタル希望します。    ++ こたみ      [引用]
 

moomamaさんと連絡がつきました。
Mewさん、ありがとうございます。
お気遣いとご親切に感謝します。




..2012/09/21(金) 03:40 No.17776










     + Powered By 21style +    Tacky's Room