| TOP | ホーム | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

Gyaos BBS

画像は300kバイトまで。クリックで拡大表示♪
メルアドは暗号化されますので、ロボット収集されません。
投稿の編集・削除は、ページの一番下、右側の『編集・削除』ボタンからどうぞ。
名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 ■ 熱が下がりました。
   ++ 三匹の母    
[返信] [引用]

 

こんばんは。本日、輸液と診察に行ってきました。

平熱に戻っていて、一安心しました。
しかし、先生は熱中症になると弱っているところがダメージを
受けてしまうので、しばらくは様子をよく観ておいてくださいと
言われました。

腎不全の悪化とヘモバルトネラ貧血の再発を心配されています。

熱中症はつくづく怖いと思いました。

みなさんの大事な猫さんが、この暑い夏を乗り切られますように。

結局、クーラーの部屋に閉じ込めてはいません。クーラーを強に
していても開け放した状態なので熱中症対策になっていないのが
気になりますが、閉じ込めてストレスになるのが心配なので。涼しい日が早く来るのを祈るばかりです。

ありがとうございました。


..2013/07/27(土) 01:10 No.17880

 ■ Re:熱が下がりました。    ++ ダイのおばちゃん      [引用]
 

クリックで拡大表示 ( .jpg / 278.2KB )
>三匹の母さま

こんばんわ、
ネコさん、熱が下がって良かったですね。
毎日蒸し暑くてニンゲンも熱中症に気を付けないと行けませんし
まして病気を持っている仔はこちらで気を付けて上げないとダメですものね。
人に依ってはちゃんと涼しい場所を探して移動するから大丈夫と
言われますがうちもダイがいた頃は出掛ける時もクーラーをつけてました。
どこに移動するかわからないから部屋は開けたまま〜
確かに冷気の効率は悪いけど湿度は下がっていると思います。

今、いる仔は別に病気も今の所無いのですけど
やはり癖になってしまって設定29度にして直接風が
当たらない様に扇風機をやや上に向けて回しています。
部屋も開けたままです。
これでもだいぶ人にとっても過ごしやすいです。
ウロウロして暑くなったら戻って来て寝てますわ〜
ネコさんの病気が悪くなりません様に〜


..2013/07/28(日) 00:27 No.17881





 ■ 猫 腎不全? 数値下がらず病名わからず。
   ++ どらみ     
[返信] [引用]

 

初めまして。現在6歳のうちの猫が急性腎不全になりました。最初検査したときにcre20ありましたが皮下輸液で様子を見るとのことでしたが、2日続けても数値が全く下がらなかったので入院させ静脈点滴に切り替

えさしました。入院初日のcreの数値が20で3日後15で6日後の現在が10です。最初獣医さんは血液検査と尿検査のあと、急性か慢性かも今の段階では分からないと言っていましたが今はおそらく急性だろうとのことでした。ただ検査しても尿路疾患が原因ではなさそうだし、水腎症が原因でもなさそうだとおっしゃってました。ただ悪そうだとしか言わず、原因が分からないので腎生検をするべきだというのですが個人的にはまだcreの数値が下がっている段階ですぐ腎生検というのもどうなのかということと、そもそも腎生検をするべきなのかどうかも分かりません。ネットを見る限り一般的に腎不全で生検をしている様子もなく。どうすべきか分かりません。猫本人は今は見た目は元気で食事も前より食べています。今うちの猫がおかれている状況をよりクリアに知りたいのですが獣医さんは説明が非常に不足しており、実際入院の際もなぜ入院が必要なのかの説明も充分でなく結局ネットの情報を頼りに入院を決定しました。とにかく今は今うちの猫がおかれている状況と生検が本当に必要なのかどうかとこれからどういう治療をしていくべきか知りたいです。経験者様、専門家様の意見を知りたいです。よろしくお願いします。参考に、、、

初日 cre 20 bun 140以上
入院3日目 cre 15 bun 140以上
入院6日目 cre 10 bun 85
入院9日目 cre 12 bun 79
退院後2日目 cre 15 bun 100

入院期間中は静脈点滴をしており退院後2日点滴をせずに様子をみたところcre15 bun 100
になりました。エコー検査上、レントゲン上は腎臓左が右に比べて小さくなっていました。静脈点滴をしても数値が下がらずかかりつけの医者も生検以外で原因を追究することができない、しかも生検しても疾患が分かったところで治せる可能性のあるものは確率5%程度だといわれました。考えられる疾患はわからないがステロイドをして調子をみましょう。それでも効かなければお手上げのようです。

現在前のように見た目は元気がありおしっこもたまに血尿ですが出ていて食事も食べだしています。大便は入院中はしておりませんでしたが退院後しだしました。


..2013/07/01(月) 21:12 No.17875

 ■ Re:猫 腎不全? 数値下がらず病名わからず。    ++ rei     [引用]
 

はじめまして。

腎生検、治せる確立が5%なら、私だったら今の状態ではしないと思います。
まずはBUNとCREの数値をもう少し下げるため、毎日自宅で輸液を行います。
腎不全は一般的には静脈点滴が一番効くと言われていますが、
入院は猫のストレスにもなりうるので、うちの腎不全猫ゆずの場合は
1週間の静脈点滴での入院の後、毎日皮下輸液をして数値・体調を安定させました。
輸液の量については猫の状態によって違うので、
猫の様子を見ながら獣医さんと相談しつつ決めていました。

・・・なんて、いろいろ書いてしまいましたが、
一番いいのはセカンドオピニオンを取ることだと思います。
専門家である別の獣医さんに再度見てもらって意見を聞くのが一番です。
まずは、行ける範囲の動物病院数院に電話で症状を言って相談してから、
電話での受け答えから判断して良いと思われる病院を選んでアポをとって行きます。
うちのゆずの場合は、10軒くらいに電話をして、
一番説明が親切で丁寧な病院に決めて連れて行き、
結局その病院に転院しました。
なかなかどこの病院がいいのかわからないかもしれませんが
ご近所で犬猫を飼われている人に評判の良い動物病院を聞いてみるのも一つの手です。
獣医さんの意見を聞くだけだったら、前の病院での検査結果だけを持って
猫は連れて行かなくても相談することも可能です。
もちろん事前に電話で確認をとってアポを入れてになりますが
初診料程度で相談に乗ってくれると思います。
(金額も電話で事前に聞いておくと安心です)

あと、私は自分の猫の治療を決める時に、獣医さんに
「先生の猫だったらどうします?」って聞いたりもしました。
「治せる確立5%でも生検しますか?」って率直に聞いてもいいかもしれません。

血液検査、尿検査、エコー、レントゲンとされているから、
腎結石ではないんですよね。
腎結石は手術しなければ治りませんが
それ以外だと治療はだいたい療法食と内服薬と輸液
もしくは静脈点滴になるのではないかと思います。。

どらみさんの猫さんの回復をお祈りしています。


..2013/07/04(木) 14:20 No.17877
 ■ Re:猫 腎不全? 数値下がらず病名わからず。    ++ どらみ     [引用]
 

reiさんご返信ありがとうございます。返信遅れてすみません。あれから色々な病院をあたり、ようやく一軒信用できそうな動物病院さんを見つけることができました。やはり、急性という診断は間違っていて慢性でしょうという診断でした。それに対応する治療法や食事療法など具体的に提示して頂きました。私の住んでいる地区にも地方ながら幾つか動物病院がありますがお金儲けに走る病院から飼い主の立場に立てずとにかく、誤診を恐れて不安要素ばかり述べる獣医までいろいろいましたがようやく信用できそうな獣医さんが見つかって良かったです。ゆずちゃんも元気になられるよう祈っています。reiさんの意見参考になりました。ありがとうございます。お互い頑張りましょう!

..2013/07/10(水) 00:06 No.17878





 ■ 腎不全末期の重度の歯肉口内炎
   ++ モンロー     
[返信] [引用]

 

こんばんは。
20歳のおばあちゃん猫がおり、腎不全闘病3年3ヶ月になります。
昨年の11月下旬に一気に悪化して、1週間の食欲廃絶がありましたが、毎日の皮下点滴で危機を脱し現在に至ります。
ただ、ここ最近状態があまりよくありません。以前は一日置きに200mlでしたが、5月末に胸水が溜まったのと心臓のギャロップリズムがあるとのことで、点滴は毎日100しかいれられなくなり、歯肉口内炎に加えて根尖膿瘍にもなってしまいました。
今ではステロイドも抗生物質も効かなくなってしまい、水もあまりのめません。お皿を見ただけで口をぺちゃぺちゃ頭を振ります。
もう何をしてあげたらいいのか、お手上げ状態です。
腎不全も末期になると口内炎も酷くなり、皆さん悩まされていることなんですよね…
このまま食べれないのを見守るしかないのでしょうか?
貧血も酷く、造血剤を3回打ちましたが、あまり食べれていないのでフラつきも変わらないです…



..2013/06/27(木) 23:50 No.17874

 ■ Re:腎不全末期の重度の歯肉口内炎    ++ rei     [引用]
 

はじめまして。
20歳の猫さんで腎不全闘病が3年3ヶ月とは、
モンローさんのお世話がとても行き届いているのだと思います。

既に出来る事はいろいろされているようなので
有用なアドバイスができず書き込みを躊躇していましたが・・
貧血対策の造血剤(エリスロポエチン)について少しだけ。
うちの初代腎不全猫のゆずは長期に渡って使用していましたが、
だいたい1週間に2〜3回注射を打つのを最低でも1ヶ月は続けました。
うちの獣医さんの話では、早い子は2週間で効果が出るけれども
遅い子は1ヶ月以上かかる場合があると言っていました。
ですから3回打っただけでは効かない場合が殆どだと思います。
なので、エリスロポエチンを使うのであれば、
1週間に2〜3回注射を打つのを1ヶ月くらい続けてみなければ効果の程はわかりません。
もう既に目を通されているかもしれませんが、
エリスロポエチンについては下記のサイトが詳しいのでご紹介しますね。
http://nekojiiya.jimdo.com/

水をあまり飲まないのは、水も口に入れると染みるからかもしれません。。
今うちにいる元野良でFIVで腎不全のコブちゃんも、
時々水を飲んだ後に口をべちゃせちゃさせたり、
手で口の中を掻きたそうにすることがあって、
そういう時は動物病院で処方してもらった風邪薬(抗生剤と消炎剤)を飲ませると治まります。
コブちゃんは野良生活が長かったせいかFIVがあるせいか
目ヤニや咳と共に口内炎も慢性化しているようで
一旦は風邪薬で治まるのですが、季節の変わり目になると
再び目ヤニや咳と口内の痛みに悩まされます。
症状が酷くなってきたら風邪薬を投入するのですが、
だいたい1週間くらいで症状が改善されるので以後薬はストップし
なるべく薬を飲む期間を短くするようにしています。
なので季節が変わる毎に1週間飲ませるという感じです。
薬を飲んでいない期間にやっている口内炎対策は
高濃度水素水(スパシア)に、殺菌、消炎、皮膚や粘膜の保護・損傷回復の効果があるとされる
カレンデュラチンキを数滴入れて朝晩飲ませているくらいです。
カレンデュラチンキは猫友さんから良いと聞いて始めましたが
実際に効いているかどうかはあまりよくわかりません。
ただ悪くは無いようで、コブちゃんは進んで(自ら催促して)飲んでくれます。
ちなみにコブちゃんの腎不全は、高濃度水素水(スパシア)で劇的に改善され元気になりました。
(うちの獣医さんは効果が出る猫は劇的に良くなるが、効果がない猫もいると言ってました)

また、うちの初代腎不全猫ゆずも口内炎に悩まされましたが、
口内炎が酷くてゴハンが食べられない時は
プレドニゾロン(ステロイド)の錠剤を飲ませていて、
それで何とか食べられるようになっていました。
ゆずの場合は、腎不全も末期だったので、生活の質を保つため
躊躇無くステロイドを使いました。
また、食べ物は、お刺身でも焼き魚でも、何でもゆずが好むものをあげていました。

長々書きましたが、モンローさんの猫さんは既にステロイドも抗生物質も使われているんですよね。
あまり参考になるようなことが書けなくて、申し訳ありません。。

モンローさんの猫さんの症状が良くなることをお祈りしています。


..2013/07/04(木) 12:29 No.17876





 ■ 体重の減少が止まりません…。
   ++ メイちゃん     
[返信] [引用]

 

クリックで拡大表示 ( .jpg / 83.2KB )
はじめまして。
16歳の腎不全の猫と生活しています。
5月17日に腎不全(末期)と診断され闘病を始めて1ヶ月がたちました。
静脈、皮下輸液など交えて5月は毎日、6月は1日おきに輸液に通ってます。

5月18日の血液検査でBUN232,8 CRE13.2ととんでもない数値でしたが
6月7日の血液検査でBUN95,CRE7,0まで落とすことができました。


カリウムの値が2,6と低く胃腸の動きが悪かったので輸液と混ぜてカリウムを1度投与してもらうと
元気になり食欲も戻ったので輸液を1日おきにしたら1週間後の6月13日に
病院で輸液をして帰宅してから大量の嘔吐…。

それから7日間、今日20日まで食欲は減り続け、とうとう体重も2kgを切って途方にくれています…。

昨日も輸液をしたのですが水を飲みたそうに水面を見つめてる事が多いと獣医さんに伝えると、
意識が朦朧としてるからと言われ輸液をいつもの140ccから1割ほど多くしてもらったのですが、
今日はぐったりしてます。

ここ1週間の体重の減り方が早く、
普段は冷静であまり否定的なことを言わない獣医さんも厳しいですねと言われたので
心が折れそうです…。カリウムの錠剤を与えてはいますがもう一度輸液に混ぜて打ってもらったら、
また動いて食べるようになるかもしれませんが、どうなんだろうと…

食事療法についても特に指示は受けてないので、腎臓サポートと食付きが良さそうな
市販のペースト缶を与えてます。
ただ昨日までは少量ですが食べていたのに今日はカリウムの薬と少量の水意外何も口にしていません。


自宅輸液も考えてましたが今の病院ではさせてくれないため、転院で別の病院に行くにも
こんな状態から私がこの子に輸液して大丈夫なのか、今だに決心がつかないです…。

強制給餌も苦しめそうで、やっていません…。
何か何もかも決断できず皮下注射とこの子の食欲任せで今に至ります。

正直どう看病してあげたらよいか分からないです…。1ヶ月半輸液で通院しましたが
体重の減少には止めがかからず強制給餌すべきか、ストレスなく自宅輸液すべきか
寿命だと余計な看病をして苦しめそうで、でもこのまま静かに何もしないというのも
違う気がするし…。

ここでの書き込みを見てると皆さん同じように迷われるみたいですね…。



..2013/06/20(木) 17:54 No.17871

 ■ Re:体重の減少が止まりません…。    ++ じいや     [引用]
 

はじめまして。

輸液に関しては、正しい手順さえふめば、そして大人しいコであれば誰でもちゃんとできるとおもいます(最初は怖いですがすぐ慣れます)。
いまの数値なら、輸液量が足りなくてBUNが下がらない可能性があります。転院するかしないかはなかなか決断がつかないものですが、まずは電話で相談してみたり、「相談(30分1000円程度の飼い主のみが病院に出向くもの)」を受け付けているところがあれば行ってみるのも手です。

カリウムは低くても困りますが、高いともっと困ります。
腎不全が進むと『高カリウム血しょう』というのになる場合があるので、与え続ければいいというものではないかもしれません(血液検査をこまめにしているなら問題はないと思います)。

また、腎不全になると『腎性貧血』というものにもなりやすく、貧血によって元気がなくなることがよくあります。

猫ちゃんの最高のシナリオは、いまこの山を越えて、好不調はありながらも日常生活を楽しく送ること、できるだけ長く過ごせることだと感じます。そのためには、このような数値の場合、皮下輸液や定期的な血液検査などが必要な場合が多いです。場合によっては貧血などのケアも必要となります。

最悪のシナリオは、どんなに治療を頑張っても良くならないこと。腎不全は治らない病気ですから、できるだけ猫が楽にたのしく過ごせることを念頭に、無理な治療はさせないという方法を取ることも決して悪いことではないと個人的には思います。

療法食は、軽度のコなら食べることが多いです。でも初期の腎不全と末期の腎不全はぜんぜん別の病気といっても過言ではないかもしれないです。とにかくカロリーをとってもらわないと猫は弱ってしまうので、なんでも好きなものを与えることも、ときと場合によっては悪いことではないかもしれません。初期のコなら維持を頑張ればいいのですが、末期のコはそんなことを言っている場合ではないことのほうが多いです。

また強制給餌も、キドナやカケシア、リーナルケアといった高栄養のミルク状のものをスポイトであげるのは、意外に嫌がらないコも多い印象です。私はたくさん見送りましたが、キドナは9割は嫌がりませんでした

助からない病気だからこそ、好きなものもあげました。できるだけ好物をあげたのはカロリーをとってほしいのももちろんですが、生きているうちに好きなものを…と思ったからです。

いま精神的にもたいへんな状態だと思いますが、猫ちゃんの態度などから取捨選択されていることは、一つの立派なケアだと思います。なおらない病気だからこそ、また進んでしまった状態だからこそ嫌がることは極力しないというのは、個人的には賛成です。でも何もしないでいいのか…と迷う気持ちもよくわかります。

猫と、そして獣医さんと相談しつつ、「誰だって迷うもの」と思いながら取捨選択をしてほしいです。




..2013/06/23(日) 11:58 No.17872
 ■ Re:体重の減少が止まりません…。    ++ miki     [引用]
 

はじめまして。めいちゃん、とっても可愛いですね。
途方に暮れてしまうお気持ち、お察しします。

うちの17歳(腎不全末期)も度々カリウム低下が起こります。
カリウムの値が下がると食べられなくなるんですよね。
お皿の前まで行って、ドライフードをじっと眺めているのですが、
食べたい意思はあるのに食べられないといった様子です。

うちの場合ですが、半日入院をして静脈点滴にカリウム注射を混ぜて
投与してもらっています(うちの通う医者の判断ではそれが最も効果的だそうです)。
程度が軽い時は一日で、重い時(値が2.0など)だと5日間ほど続けて
通って点滴してもらうと食欲が戻ってくるような感じです。
カリウムは少しずつしか入れられないので時間がかかるそうです。
必ず朝一番に電解質の値をみてから点滴するという形でした。

嘔吐でやつれてしまったり、体重の減少…つらいですよね。
強制給餌をはじめ、こちらのするあれこれは、
果たして猫にとってどうなのだろうかと
人間のエゴでごめんね…と申し訳なく思う気持ちと常に葛藤する日々でもあり
悩まれるお気持ちとても分かります。

めいちゃんも飼い主様も大変な状態だと思いますが、
容体が落ち着いて上向いてくれますように祈っています。
どうぞ飼い主様もご自分を追い込み過ぎませんよう、ご自愛ください。


..2013/06/24(月) 18:08 No.17873





 ■ 強制給餌…
   ++ 徳次郎    
[返信] [引用]

 

血小板減少症で服用している薬の副作用でルルが脂質異常になっていた。
なんか下腹がプヨプヨしてきたね〜とのんきに構えていたよ。

血液検査に行ったら試験管を見せられてボー然。
試験管に入れられた半分以上が白くフワフワした脂肪だった。

このままだと血液検査もままならないと言われ、
血小板の値が下がるのはやむを得ないということで、
薬を減らしてみた。

案の定、翌週の検査では血小板の数値が半分に減っていた。

そうしたら、味覚が変わったのかキドニーケアもアニモンダも食べなくなって…。
でも、腎臓のことを考えると療法食以外のものを与えるのを躊躇してしまう。
先生に相談してキドナあげてるんだけど…嫌々が激しくなってきた。
私を見る目がだんだん警戒心もあらわな感じに…。

毎晩、身体をなでながらルルのまんまはルルの身体を作る大切なものだからできるだけ食べようねって言い聞かせしてるけど…きかないよね。


..2013/06/13(木) 10:29 No.17869

 ■ Re:強制給餌…    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

 犬猫でも人間でも、病気療養のための食事は、食材と味覚の点では、何かが抜けていて普段通りには食が進みませんね。 私自身が高血圧のために塩分を抜いた食事にしないといけないのですが、分かってはいても難しいです。 まして、理屈が通じない猫では。
 我が家の猫さんは、療法食を全く食べず、途方に暮れたものです。 そこで日本で入手出来る限りの療法食を買い、次々と与えて反応を観ました。 今では、サイエンスのK/Dを食べて呉れます。週に一度は、新鮮な魚を煮て塩分を捨てて、与えていますが、血液検査結果は良好です。 
 ただ、困ったことに、我が家には他に5ニャンが居るのです。長男猫が食べている療法食が、余程、美味しく観えたのか、他の猫達が、皆、K/Dを食べるので食費が高くつき困っています。 その他、仔猫には、専用の栄養価の高いフードを与えなければならないのでケージに入れています。 
 腎臓病には、飲用水が大事と思い、ペット用のファウンテンを買いました。 これは、飲用水を循環させて不純物を取り除くもので、水が動くので興味が湧くのか、良く飲んでくれます。
 腎臓病のためのサプリも数種類を試してみましたが、当たり前ですが、目立った効果はありませんでした。 ただ、自分の趣味の園芸の知識の応用で、ハーブを試して観ました。 ハーブから抽出した液体で商品化されたものがありますので購入して与えていますが、他に思い当たる理由も無いのに、血液検査結果が好転しました。 南アフリカ産のハーブから抽出したもので米国のPetAliveと云う会社の製品です。 でも、何の因果関係も証明されていません。 矢張り、療法食を食べるようになったのが理由だと思います。 
 何か劇的な治療薬とか、革新的な治療法が発見されない限りは、地道な努力で時間を稼ぐ手法しか存在しないのは理解していますし、それしか無いのでしょう。 お互いさまですが、頑張って行
きましょう。 


..2013/06/13(木) 12:44 No.17870










     + Powered By 21style +    Tacky's Room