TOP ホーム 携帯用

名前  
Mail   URL
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 

 帰還おめでとう御座います    ..熊撃ち爺    p2217-ipad505sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
      2016/03/01(火) 19:22  No.2574
 
 
ピパオイまま様メール有難う御座いました、先ほど気がつきました。山で犬とハグレタ、獲物を追って失踪した、件の話は数十件連絡が有りましたが、戻らなかったのは東京の小平の方が友人に犬を貸して電車にはねられたのと、山形の方が山林の所有者が公示せずに殺鼠剤を蒔いたのを知らずに放犬して、それを食べた時の事くらいしか記憶に有りません。私の系統では有りませんが新冠の友人の犬が百キロくらいの距離を数日かけて帰還した話を聞いたことがあります。以外と怖いのは、野生動物の仔別れの時期に山で若犬の牡が成犬と喧嘩になり、コテンパンにやられると自分は群れを出なければ成らないと錯覚するのか、出家?する事が稀にあります。この時は呼ぼうが追いかけようが山に吸い込まれるように消えていきます、これは二度と帰って来ません、山で野犬?等を集めて群れを作りボスとして君臨しているようです。
 Re:帰還おめでとう御座います    ..ピパオイまま    softbank219173010094.bbtec.net
        2016/03/02(水) 21:53  No.2575
 
 
熊撃ち爺さま

この度は大変お騒がせいたしました。
お陰様で無事怪我もなく、翌朝一人で帰ってきました。
家の近くまで戻ってきたところを主人が2階から確認し、私が外に出て呼ぶと普通に寄ってきました。
「無事に帰ってきてくれた…」とピパオイを抱きしめましたが、安堵で涙が出ました。
さすがにこの日は疲れたらしく、夕方の散歩はおとなしかったです。

今まではヤマドリや獣の臭い?で茂みに入っていって、長くとも30〜40分で帰ってきていました。
今回は姿が見えなくなった後、駐車した場所に戻ってきた足跡もなかったため、どの段階で直接帰ろう…と思ったのかはわかりません。
飛び込んだ茂みにはヤマドリがいた他に、近くにキツネ?タヌキ?カモシカの足跡もあったので、いろいろ気になったのだと思われます。

それにしても、1人で帰ってこられるくらい成長したのだ、と感心もしました。でも、なるべくお散歩時間内に帰ってきてほしいものです。
一応、ピパオイには言って聞かせました。わかってくれたでしょうか…

 Re:帰還おめでとう御座います    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/03/02(水) 23:09  No.2576
 
 
ピパオイままどの
 ピパオイ一夜失踪→無事帰還ということで、大変でありましたね。でも無事に自力帰還ということでよかったです。

 今の時代、犬が離れて一番恐ろしいのは交通事故なので、それに遭遇しなかったのは幸運でした。
 
 昔から北海道犬は帰巣本能に優れているといわれていますが、その通りになりましたね。

  

 Re:帰還おめでとう御座います    ..ピパオイまま    softbank219173010094.bbtec.net
        2016/03/04(金) 01:35  No.2577
 
 
トコのじじさま

お騒がせいたしました。そして、ご助言もありがとうございました。

交通事故…ピパオイは山でも車に遭遇すると、寄って行く上に追いかけるので、心配でした。林道はスピード出す車は少ないようですが、舗装道路となると、「あっ!!」と思った時には遅いでしょうから。

帰巣本能、聞いてはいましたが本当に帰ってくるのを目の当たりにして、すごいな…と関心しました。
あぁ、北海道犬で良かった!です。
北海道犬は体力あり過ぎ?で、散歩に連れて行く私の方がヘトヘトになりますが、おかげで脚力がつきました。
おまけに野生動物をピパオイが追い出すために遭遇する機会も増えて楽しいので、つい連れて行きたくなります。
でもツキノワグマがいる場所は気を付けないといけませんね。私は武器を持っていないので。

今日も懲りずに近くの山にノーリード散歩してきました。
つい心配で、こまめに呼び戻しをしてしまいましたが…。

写真は、先週の散歩中に遭遇したカモシカです。崖の中腹に逃げられて、近くに寄れずにしばらく周りをウロウロしていました。
行方不明になった山と同じですが、違う林道での出来事です。

 Re:帰還おめでとう御座います    ..雷親父    i121-114-65-197.s41.a001.ap.plala.or.jp
        2016/03/04(金) 09:05  No.2578
 
 
ピパオイままさま

無事帰還なによりです、うちも年数回回収に3〜4時間を有することがあります早朝運動の終盤に多く、色々なトラブルが頭を過ぎり回収するまでハラハラドキドキで過ごさねばなりません。
わたしはズボラに軽トラ運動ですが、熊対策で熊スプレーと剣鉈を装備しています(剣鉈は銃刀法に触れそうなので最近は持ち歩かないようにしています)。
熊スプレー高いですし使用期限がありますが、羆が多い地域で林道で運動させる事を選んだので仕方ないと思ってます、野山を駆け巡る犬を見てると日々発見があって楽しいので止められません。

 Re:帰還おめでとう御座います    ..ピパオイまま    softbank219173010094.bbtec.net
        2016/03/04(金) 22:50  No.2579
 
 
雷親父さま

ご無沙汰しておりました。
無事帰還…ほんとうに、ほんとうに!!です(TT)。

朝の散歩が3〜4時間伸びるのは、厳しいですね。

雷親父さんのおっしゃる「野山を駆け巡る犬を見てると日々発見があって楽しいので止められません。」、まさに私もです。
リードを外した時の駆け出すさま、臭いをとって方向を決めた時の走り去る様子、獣を見つけて楽しそう?に追いかけている様子。
活き活きしていてすばらしいです。
ショーに出すわけでも猟に使うわけでもないので、こんな呑気なことが言ってられるのかもしれませんが…。

クマ対策…考えねばと思っておりますが、今のところたくさんクマがいる場所にはその時季には行かないようにしております。クマスプレーが効くほどの距離に来られて、ピンを操作するほどの度胸があるか、腰を抜かさないか…自信がありません。
でも毎日の散歩する山(山裾が住宅地)にも餌のない時期に入るようです。
昨年は、ツキノワは黒いので「おっ、ピパが戻ってきた…、わりにはなんで茂みにもどるんだろう?」や、「ピパが…、2匹?」、不幸中の幸いみたいな遭遇でした。でも、そう何回も幸運が続くとも思われないので、今年は対策を考えようと思っています。





 げんきです    ..和泉市のサクです    121-85-141-164f1.osk3.eonet.ne.jp
      2016/02/29(月) 17:17  No.2572
 
 
糖尿のサクです、毎日インスリンとの格闘です。でもげんきです。わがままは犬一番かも、家ではストーブの守でずーと寝ています、散歩は寒かったらあまり行きたがりません、それでも車で行くとなれば元気100倍山の中では走り回っています、仕事が休みのときはよくわかっていて私の行動を監視しています、視線が重いので負けて車で山に散歩元気です、帰ったら寝てます、何たるわがまま北海道犬!
 Re:げんきです    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/29(月) 21:31  No.2573
 
 
サクの飼い主さま

 画像見るとサクくんは元気そうに見えます。

 今は、人も病と共存する時代なので、サクもそんな感じで過ごしてゆくのでしょうかね。

 でもあんまりストーブのお守り役してたら北海道犬の美点である「被毛の良さ」が徐々になくなっていきますよ。

 サクの飼い主さん、また近況お知らせください。



 昨年チェコに渡った吾狼・早来三浦犬舎のこと・・・    ..トコのじじ      i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
      2016/02/27(土) 21:48  No.2571
 
 
 そしてこちらは昨年、同じくチェコに渡った吾狼・早来三浦犬舎の最近の様子であります。

 吾狼は昨年の7月30日生まれなので、現在生後7か月といったところでしょうか。

 ヤーナさんによると「吾狼は良好に育っており、性格的にもフレンドリーで将来が非常に楽しみである」とのことでした。

 吾狼はチェコのヤーナさんから「雪子の将来の婿さん」という要望でチェコに渡りましたが、飼い主はヤーナさんのご親戚との事で、そのご親戚はチェコから来日し、吾狼を連れ帰ったとのことでありました。


 チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ      i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
      2016/02/27(土) 20:42  No.2565
 
 
 チェコのヤーナさんの許に行った雪子・穂和荘が現地のドツグショーで活躍中であることはこの掲示板で何度かお知らせしたとおりですが、その雪子が母になったのは昨年の12月でありました。

 雪子は五頭の子犬の母になりましたが、それがこの画像であります。子犬は白毛のメスとオスが各一頭。赤毛のオスが2頭、それに赤毛のメスが1頭であります。

 Re:チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/27(土) 20:54  No.2566
 
 
 その後、雪子の子犬達の事が気になったものですからチェコのヤーナさんに問い合わせたところ、子犬達は皆、飼い主さんも決まりあとは、飼い主さんの許に行くばかりになっているとの事でしたのでご紹介しときましょう。

 なお子犬達は生後8週なので生後二か月というところでしょうか。

 まずは白毛/メスで名前はBian Yukaは米国の飼い主さんの許に行くことになったそうです。チェコから米国まで行くので、こののち長旅が待っています。 

 Re:チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/27(土) 21:00  No.2567
 
 
 こちらは白毛/オスのBen Daichiであります。
Ben Daichiの飼い主さんはチェコの隣国であるスロバキア在住との事なので、間もなくスロバキアに旅立ちます。

 Re:チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/27(土) 21:09  No.2568
 
 
 こちらは赤毛/オスのBenjiro Hideakiはチェコの隣国であるハンガリーの飼い主さんの許にゆくのが決定したとの事です。

 ハンガリーの飼い主さんは東欧でも著名な北海道犬愛好家であります。

 Re:チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/27(土) 21:17  No.2569
 
 
 こちらは赤毛/オスのBishi Kaemonです。Kaemonはチェコの飼い主さんの許に行くことが決まったそうです。
 Re:チェコの雪子の子犬達・・・    ..トコのじじ    i121-117-180-74.s05.a001.ap.plala.or.jp
        2016/02/27(土) 21:20  No.2570
 
 
 そしてこちらが最後の子犬で赤毛/メスのBenika Keiko。

 Keikoも同じチェコの飼い主さんの許に行くことになったとの事です。

 命名役のヤーナさんは、子犬に「ユカ」「ダイチ」「ヒデアキ」「カエモン」「ケイコ」という日本風の名前を付けました。










     + Powered By 21style +