| TOP | ホーム | ページ一覧 |


No.2156 への▼返信フォームです。


▼  梅雨明け前の豪雨
右田能尋    ++ ..2018/07/08(日) 23:01 [2156]
  keiさんこんばんは
 西日本の梅雨明け前の豪雨は年中行事のようになってしまいましたね。野瀬川はたぶん和歌山県との県境に近い奈良県、どうもそのあたりは豪雨ではないようだな、と短時間降雨情報を見て思っておりました。でも気を付けてください。後から考えると、災害や病気はは油断、隙をついて来るように見えるものです。
 関東の中でも当地は本当に雨が少ないです。西や西南からくる雨雲は中央山岳帯、富士、丹沢山系でかなりブロックされてしまうようです。北からはもちろんダメですし、南南西から北東からの雨雲は恵みをくれるようです。
 畑に毎日出かける当方にとって、日ごとの天気予報はもちろん、天気の悪い日は時間単位で曇り、雨の情報が大事なので、短時間降雨情報は大変有用です。
 10分ほどで到着するところに畑を1500へーべー余りタダで借りています。耕作放棄的な緩傾斜地を借り、さらに藪を切り開いて完成しました。自分は美観維持のつもりで作業しておりますし、地主さんも相当助かっているだろう、と思っております。
 しかし暑い時期に一日畑にいることはできなくなってきて、細切れの時間がかえって都合よくなってきました。

[2157] Re:梅雨明け前の豪雨
けい    ++ ..2018/07/10(火) 13:52
 
右田さん、こんにちは。

掲示板の書き込みに気づかず、失礼いたしましたm(__)m

野迫川村はいつも警報の常連なのですが、今回は北部に集中しているようですね。
被害の大きさに慄いています。

>畑を1500へーべー余りタダで借りています
凄いですね、規模が。。。
緩傾斜地ですと使い勝手がいいのでしょうね。
何を植えられる予定なのでしょうか?

昨年、熱中症で救急搬送されて以来、暑さにはかなり神経質になっています。
右田さんも気をつけてくださいね。

[2161] Re:梅雨明け前の豪雨
右田能尋    ++ ..2018/07/25(水) 08:06
 
 自宅近所の1500へーべーの畑の件ですが、地主さんが親せきに管理を頼んでいたところ、高齢を理由に引退することとなり、私が果樹を植えてもいいことを条件に無料で耕作することになったのです。地主さんは管理費が浮くことになっっているのです。さらに近所の方々に無料で貸していた(管理してもらっていた)土地が次々返上されてこれも私にお鉢が回ってきました。傾斜地は耕作、特に素人の家庭菜園には向かないのです。いつも土が流れていくのを防がなければなりません。プラスして300へーべーほどの藪+樹+つる植物の荒れ地を開墾して現状になったのです。地主さんは感謝しきれないぐらい、と言っていますが本当かな。当方から見ると、地主さんのいい加減な空き地対策に振り回されている感じがあるのです。
 私は、ほったらかしの農地を見ると、こう利用すれば景観がよくなるし、収穫もある、と夢想してしまうのです。そして手を出してしまう。田舎で、農業を生業とできないほどに土地のあまりない家に生まれ、高校まで育ったのが背景にあるのかな。貧乏根性が染みついている?
 地主さんあんまりです、の1件。
 地主さん、道路沿いの貸し駐車場が農地転用手続きをしないままであったことがばれて原状復帰となりました。しかしなんと、アスファルトの上に10cm〜30cmの土を被せただけの原状復帰処置なのです。地下からの水の供給がありません。水が出れば土が流れます。
 そこはわが耕作地と道路の間の細長い土地なので、他人に入ってもらいたくありませんし、荒れたままにはできません。なんとなく私が管理役になってしまいました。6mX50m=300ヘーベー。暑さ寒さ、乾燥に強く手間のかからない植物を試行錯誤して探しております。常識的なカンナ、コスモス、手間がかかるけどポーチュラカ。意外だったのはチェリーセージ。70本ほど挿し木で増やして植えてみたところ、それなりに生き延びております。

[2163] おはようございます。
けい    ++ ..2018/07/26(木) 07:32
 
右田さん、チェリーセージは寒さには大丈夫なのでしょうか?
うちでは持たないんです。
好きなハーブなんですけど。。。

どうせなら食べられる花を育てようと、今年は花オクラに填まっています。
野菜も野草も、花を食べられるものってかなりあるものなんですね。

加齢と共に土地は荒れ果てていくのですよね。
周囲でも耕作放棄地を結構見かけるようになりました。

我が家は耕作面積が少ないので、庭部分をいかに減らすかに苦慮しています。
切り開いたと思ったら木や草花を植えて、kiiさんからはずいぶん顰蹙を買った
ものですが、今にして思えば、やはり耕作部分を広く取っておくべきだったと痛切
に思います。



No.2156 への引用返信フォームです。

名前
Mail   URL
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー