| TOP | ホーム | ページ一覧 |


No.17929 への▼返信フォームです。

 ■ 無題
   ++ とら猫イーチ    

 

 皆様、長らくご無沙汰をしておりまして済みませんでした。

 昨年に当方の年寄猫が週一回の輸液をしていますことを書き込みいたしましたが、いよいよ腎臓病が第三期に入ったようで、毎日の自宅輸液が必要になりました。 昨日に獣医さんと話し合って、決めました。 

 担当の獣医さんは、大学病院で講師をされておられる方で、勉強熱心な方です。 他に掛かりつけの獣医さんもおられるので、獣医療には困らないのですが、問題は、費用の点です。 
 幸い、腎臓で診療を受けています担当の獣医さんは、自宅輸液の理解があり、そちらの方が経済的とまで言われましたので、お願いしました。

 でも、自信は、ありませんし、出来るのかどうかが不安です。 掛かりつけの獣医さんは、自宅輸液は、認めておられませんので、遠方の獣医院まで手法を習いに行くしかありませんし、機材も其処で買うしか方法がありません。 

 愛猫は、検査では、クレアチニンが、1.8から2.4、3.0、3.2と上昇して来ました。 これは、病状もありますが、体重が3キロを切るようになったので、眼をつむって普通食や生魚を与えた結果でもあるとは思います。 5キロ以上、と云うより6キロ近くあった体重が3キロ近くなったので、体力が無くなることを恐れたのです。 
 勿論、活性炭を与えてもいました。 

 掛かりつけの獣医さんは、年齢も年齢だから、QOLを考えてあげるのも必要とのご意見で、そうしたのですが、検査結果は正直でした。 今、本当に怖いです。 もう長くない、とは思っても出来るだけのことをする、とは獣医さんにも言いましたし、この仔は、私にとっては、猫以上の存在で、家族ですし、死んでも一緒にいたい、と思っています。 

 家を片づけて、一緒に寝て介護をしようと思い努めて来ましたが、長年の間、放置していた家の中は、子猫たちの遊び場となったので、もう少しでごみ屋敷状態です。 その家の中で、いよいよ愛猫のために最後の戦いをしなければならなくなったようです。 

 満18歳、もうすぐ19歳のとら猫には、始めて会った日のあの時から今まで、思い出がたくさんあり、亡くなることを想像しただけで気が狂うようです。 でも、頑張るしかありません。 とらを看取るのは、私しかありませんから。 



..2015/09/01(火) 15:51 No.17929

 ■ Re:無題    ++ no name    
 

トラ猫さん。

久しぶりにちょっとよってみました。半年前の日付なので、半年の間それも冬の間、どのように過ごされたのかと思うと、お掃除やお買い物お手伝いして差し上げたかったなあと思います。今からでもあなたの望むことをなんでもして差し上げたいと思います。なんにもして差し上げられませんし、望まれてもおられないと思います。
代わりに、と言ってはなんですが、お礼を
ありがとう 愛してくれて 温めてくれて 一晩中なでてくれて 逝かないでって言ってくれて 治療してくれて ありがとう。 もう楽になってください。 あいしてるよ。




..2016/03/09(水) 23:02 No.17933
 ■ Re:無題    ++ no name     
 

辛かった2013年の連休から三年が経過しようとしています。ここに書くのは本当は不適切かもしれませんが、三年前の辛かったこと、そして今辛いこと、すこし弱音を書かせてください。

三年前、辛かったことの一つは、連休で通院のタイミングが狂ったこと、貧血なのに、ドカンといつもの輸液で、薄くなって、家に着いた時には激しく喘いでいて、でも、それを獣医さんに言えなかったこと。抱いて撫でて謝って、辛かった。彼女のほうがもっとつらかったね。

今辛いのは、昨日、獣医さんで、時間外診療をお願いして、えらく不機嫌で、批判的で、イヤミを言われて、でも、仕方がないから我慢して謝って、なんか悔しい。そんなら時間外うけつけなければいいのに。おまけに、時間外診療の追加料金ふっかけられるならまだしも、取り忘れてる。 収まらないから明日払ってくる。まだ元気はないけど症状は収まったから治療は適切だったと思いたい。本当はレントゲンを撮って欲しかった。言えなかったけど。


今回のことで時間外を受け付けないおじいさんの獣医さんの受け付けない理由とか、そのプロ意識についてちょっとみなおした。考えを改めた。

私がもっとお金持ちなら違っていたかも。
 
どんなに無知で愚かでわがままな飼い主だとしても、それはちょっとないと思った。でも言えない。私が無知で愚かで優柔不断で情けない飼い主で、彼女を苦しめたから。
 
そっか。辛いのは、自己嫌悪だからだね。

ちょっとさっぱりしました。ありがとう

..2016/04/29(金) 22:47 No.17934
 ■ 猫草ページにたどり着きました    ++ 2121     
 

久しぶりに猫草を育ててみようかと思い、何となく検索していたらこちらの『猫草』のページにたどり着きました。
いろいろ情報が載っていて目からウロコでした(とくに種のことについて)。
ブログにリンクしましたので(連絡不要とありましたが)書込みさせていただきました。

長く一緒に居ると猫とはいえ猫以上の存在になっているものですよね。私も2年前に愛猫を亡くし本当に死にたい気持ちでした。何をするにも思い出し涙の日々がしばらく続きました。
現在は雑種7匹でワヤワヤな楽しくもイラッとする毎日を送っています。イラッとするのも楽しみであったりもしますが〜。


..2016/05/01(日) 04:31 No.17935
 ■ NO17934 no nameさん    ++ 梨杏    
 

猫ちゃんの具合いかがでしょうか。少しでも良くなっていたら嬉しいです。 飼い主さんの心が落ち込んでいると猫ちゃんにそれが伝わって猫ちゃんも辛いはず…。嫌な獣医さんに頭を下げ治療をしてもらって偉かったですね。同様の経験がありお気持ちお察しします…あなたは愛する子を守るため頑張ったのだから自己嫌悪になる必要はないですよ。猫ちゃんと二人三脚でHappyに過ごしてね♪あなたが笑顔で過ごせば猫ちゃんも笑顔になりますよ。


..2016/05/07(土) 16:29 No.17936


No.17929 への引用返信フォームです。

名前
Mail   URL
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー