TOP ホーム 新規投稿 | ページ一覧 |


No.928 への▼返信フォームです。


 初釣り    ..いっちー     >>引用
      2021/01/20(水) 12:14  No.928
 
 
.jpg / 212.2KB
鹿児島も積雪に見舞われ、倶楽部の大会も中止となり、
初釣りを延期されましたが、
某日ようやく釣りに行くことが出来ました。

坊津の侍丸にお願いをして、大瀬に乗りました。
ウネリと強風が吹く中での釣りとなり苦戦しそうな予感です。

新発売のG-MAX ミドル1袋、海苔の力1袋、オキアミ1角を1日分の目安とし、
生イキくんM、ハードタイプをツケエサに決めました。
ハードタイプは身がしっかりしており、餌取りをかわしクロの層まで届けてくれます。
風の影響を少しでも受けないように撒き餌は硬めに調整し、バラけないようにしました。

潮は左に流れて少し早く流れるので、仕掛けを少し沈め気味にイメージして釣り開始。
何投も仕掛けを投入するもツケエが返ってきます。数時間経つもピクリとも反応しません。
下潮に入り、目の前の沈み瀬が顔を出した頃、釣れないと判断し、
生のオキアミから生イキくんに変更、さらに頭と殻を剥いて工夫します。
柔らかいオキアミとは違い、生イキくんは身がしっかりしており、ハリ外れしにくい。
すると、急に糸が引っ張られていきます。やり取りしてタモに納めたのは36センチの初クロです。
生イキくんに変えた途端この結果に驚きです。

沈み瀬周辺を探っていると海苔の匂いに誘われ、姿をみせたのが、
クロと同サイズのイシダイ。
この状況下でイシダイがつれるなんて、集魚材の効果バツグンです。
この2枚で納竿となり、厳しい状況でも徐々にG-MAXと海苔の力が効いてきたようで
まさかのイシダイまでもが釣れるとは思いもしませんでした。
集魚材とエサの効果はすごいなと改めて実感出来た釣りとなりました。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー