TOP ホーム 新規投稿 | ページ一覧 |


No.894 への▼返信フォームです。


 価値ある一尾    ..morizo     >>引用
      2019/07/08(月) 22:25  No.894
 
 
.jpg / 275.7KB
7月6日久しぶりに私の都合と好天が重なったので家からほど近い
鹿児島の谷山漁港にチヌ釣りに行ってきました。

ここは小さく浅い港ですがチヌの実績もそれなりにあり、釣り人があまりいないので
個人的には穴場スポット的釣り場になっています。

6時30分に港に到着。
先日、鹿児島は豪雨にさらされましたが思ったほど流木等の障害物もなく
釣りにはなりそうです。

キザミッコ2sと俺のチヌでマキエを作りツケエはオキアミと生さなぎを準備しました。

釣りを開始してみると恐ろしいくらい上潮が滑っていました。
本流釣りのような潮の速さです…

いろんな仕掛けを試してみましたがどれもなかなかしっくりこず、
また魚の活性も高くなく厳しい釣りになりました。

あの手この手で仕掛けを変えながら最終的にG6のウキに浮力以上のガン玉を打ち潮の流れに合わせながら沈め探っていく釣りにて
なんとか30p程の口太をまずはヒット!
港といえど河川域に位置する港でグレが食ってくるのはびっくりしました。

足元から竿1本くらいまでの距離なら上潮の速さもなんとかできるレベルだったので
遠投はせずネチネチ探り続けました。

10時30分頃、ツケエに変化が出だしたもののなかなかヒットに持ち込めないのでツケエも生さなぎに変更すると1投目にヒット!
ゆっくり沈むウキがスパっと消し込むことはなくウキの沈下速度がはっきりと変わったので糸を張り穂先でアタリを取りました。

苦労しながらもなんとか50pオーバーのチヌをタモに収め本日の釣りは終了となりました。

「俺のチヌ」は少ない海水で混ぜると粘りも出て遠投性も出ますが少し多めの海水で練ると
比重の軽い成分と重い成分がきれいに分離して浅い港とかでも重宝しますよ!


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー