TOP ホーム 新規投稿 | ページ一覧 |


No.890 への▼返信フォームです。


 2018の釣り納め!!    ..竹やん     >>引用
      2018/12/31(月) 20:10  No.890
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 114.7KB )
12月30日ホームグラウンドのガニ瀬へ釣行しました。
この日は北風が強く今年一番の冷え込みで波高2.5mの予報で北風も強く
予約していた片島のハナレのハナレへ上礁できるか心配しながらの
出港になりました。
片島へ到着すると波が這い上がっており風も強く釣りができないと判断し
安全ためガニ瀬のらくだのハナレへ上礁することになりました。
ここでも突風が吹き付けているので明るくなるまで竿だしを待つか考えてましたが、
少し明るくなったので(本当は黙っていると寒くてたまらないので)釣りの準備をすることにしました。
撒き餌には1日分として、G−MAXを3袋とオキアミを3角用意して半分を海水と混ぜ合わせて使用しましたが、
このG−MAXはバナナのような甘い匂いがして魚や餌の匂いが苦手な人も無理なく使用できます。
また、遠投性や拡散・集魚力にも優れているので私の主配合剤となりました。
付け餌には、オキアミ生・生イキくん ツインパック ネオハードと
アミ漬むきみ・ボイルパック・生イキくん ツインパック ムキミを用意してローテイションして使用しました。

背中からの風なので明るくなってきた7時すぎから竿だししましたが、
1時間たっても釣れるのは鰺とコッパクロが2匹だけだったので、
寒さ風のためここではクロを釣るのは無理かもと諦めかけました。
しかし、刺身が大好きな長男が今夜帰ってくるので、絶対刺し身ができるサイズを釣ることを目標にして
1匹を釣るため頑張って潮目ができた箇所に仕掛けを投入してみると30cm程度のクロが釣れた。
この後入れ食いとまでは行かないまでも、ポイントを一カ所に集中しないようにして、
右で釣った後左のポイントというように餌取りの移動を確認しながら、
付け餌もローテイションしてして釣り続けました。
この作戦が良かったのか集魚剤の効果のおかげか、クロの群れが居着いてくれたようで、
まるで五島で釣りをしているように自分が考えて仕掛けを投入して流していくと
思ったところでアタリが出るようになった。
午後3時の納竿時間までクロが釣れ続け40枚以上釣れました。
写真は傷ついたクロと型の良いクロだけを持ち帰ったものです。
クロは最大で36cmありました。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー