TOP ホーム 新規投稿 | ページ一覧 |


No.844 への▼返信フォームです。


 毎年恒例 甑島釣行    ..いっちー     >>引用
      2017/06/22(木) 20:07  No.844
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 199.7KB )
毎年恒例の下甑島に5月末に行ってきましたが、投稿が遅くなりました。

下甑島は4月に解禁になり、多くの釣り人がこの時期に合わせて
釣りに行きます。
私たちもその中の1人です。
串木野漁港から夜中2時に隼ナポレオン号で出港、約2時間程で瀬に到着します。
私たちクラブ員8人は、2名2組に分かれ、釣果のある瀬にそれぞれ上礁。
夜明けと同時に釣りが開始出来るように撒きエサを作りました。
今回使用したのは、オキアミグレ用2角に磯マスター遠投と海苔の力。
私の定番でどんな状況にも合う集魚剤です。
撒きエサを投げ、沈む速度や潮の流れを確認しました。
潮の流れは右に流れ、私の釣り座からは釣りやすい状況となりました。
際と竿一本程先から釣りを開始。そこのポイントではエサ取りが湧き、釣りづらい為、
遠投して釣ることにした。
そこでは、40くらいのクロが5枚程上がり、潮の流れも左流れに変化し、
左にいるクラブ員の仕掛けに絡まらないように左に流しながら、釣り始める。
日が昇り沈み瀬が見えてくるとその周辺を攻めてみる。すると、道糸が勢い良く走った。
ブレーキをかけながらバラさないように、あまり刺激しないように竿のしなりでやり取りし、
タモに納めたのがオナガの46センチでした。
天気も良かったので一汗かいた1枚でした。そこからは口太を数枚上げて終了。

次の日は、水道があり、流れが速い瀬だったので、先端で本流釣りとなった。
水深もあり、深いところではデカクロが見えているが、食いは渋い。
始めのうちはグルクンが釣れ、撒きエサとの同調をずらしながらこぼれでクロを狙う。
回収前になってから、5枚上げたが、大きいので45センチの口太でした。
本流では、結構流さなければ釣れない状況でしたが、かかれば潮の流れもある為、
引きは楽しむことが出来た。
また、食いが渋く流れも速い中で釣れるのも愛用している集魚剤のおかげだと思いました。
クラブ員も2日で20枚以上釣り上げ、満足のいく釣りとなった。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー