| ホーム | RSS | 携帯用 |



お話しましょ!!
カントリーな話、自然の話、花たちのこと、ログやアウトドアなお話や...。
食いしん坊さん集まれ!!子どもの本好き、この指とまれ!!

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 




▼  梅雨明け前の豪雨 [返信] [引用]
右田能尋    ++ ..2018/07/08(日) 23:01 [2156]
  keiさんこんばんは
 西日本の梅雨明け前の豪雨は年中行事のようになってしまいましたね。野瀬川はたぶん和歌山県との県境に近い奈良県、どうもそのあたりは豪雨ではないようだな、と短時間降雨情報を見て思っておりました。でも気を付けてください。後から考えると、災害や病気はは油断、隙をついて来るように見えるものです。
 関東の中でも当地は本当に雨が少ないです。西や西南からくる雨雲は中央山岳帯、富士、丹沢山系でかなりブロックされてしまうようです。北からはもちろんダメですし、南南西から北東からの雨雲は恵みをくれるようです。
 畑に毎日出かける当方にとって、日ごとの天気予報はもちろん、天気の悪い日は時間単位で曇り、雨の情報が大事なので、短時間降雨情報は大変有用です。
 10分ほどで到着するところに畑を1500へーべー余りタダで借りています。耕作放棄的な緩傾斜地を借り、さらに藪を切り開いて完成しました。自分は美観維持のつもりで作業しておりますし、地主さんも相当助かっているだろう、と思っております。
 しかし暑い時期に一日畑にいることはできなくなってきて、細切れの時間がかえって都合よくなってきました。


[2157] Re:梅雨明け前の豪雨
けい    ++ ..2018/07/10(火) 13:52
 
右田さん、こんにちは。

掲示板の書き込みに気づかず、失礼いたしましたm(__)m

野迫川村はいつも警報の常連なのですが、今回は北部に集中しているようですね。
被害の大きさに慄いています。

>畑を1500へーべー余りタダで借りています
凄いですね、規模が。。。
緩傾斜地ですと使い勝手がいいのでしょうね。
何を植えられる予定なのでしょうか?

昨年、熱中症で救急搬送されて以来、暑さにはかなり神経質になっています。
右田さんも気をつけてくださいね。




▼  カモシカ [返信] [引用]
花坂 野田    ++ ..2018/07/02(月) 18:47 [2150]
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 70.7KB )

7月1日 朝10時頃。
紫陽花をみていたら人の気配を感じましたが、それがカモシカでした。
じぃーとこちらをみて、目を話さずにカメラを取り出しました。
急斜面をかっこよく駆け上がっていきました。


[2152] 野田さん、おはようございます。
けい    ++ ..2018/07/03(火) 07:32
 
カモシカ、一番の獣害をもたらしてくれるのですからほんとうに困ったちゃんなのですが、
ちょっととぼけた顔が面白くてつい笑ってしまいます。

どんな急斜面でも平気ですし、素晴らしい身体能力ですよね。
以前にこんなシーンに遭遇して「マイッタ!!」と思いました。
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/438085129.html


夜などに山入りするとよく遭遇するのは鹿です。
団体さんで防獣ネットの外をウロウロしていることもありますよ〜
彼らの出迎えは嬉しくないですけど。(笑)


[2154] Re:カモシカ
花坂 野田    ++ ..2018/07/04(水) 20:09
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 46.1KB )

写真をありがとうございます。
すごいところにいますね。バッチリ撮れてます。

鹿の話ですが、主人が小さな家庭菜園をやっていて、高さ2メートルの柵では野菜をいろいろ食べられてしまい、去年から3メートルにしましたら超えないようです。

食べる順番があり栄養価の高いもの、パセリ、セロリ、高菜、キャベツなど緑と赤の場合赤色のものから。

水菜は一番最後に食べてました。

鹿対策はできましたが、その代り野うさぎが潜り込みパクパク食べられてます。(T_T)

写真は先月末、アナグマが前から歩いてきました。(^o^)


[2155] Re:カモシカ
けい    ++ ..2018/07/05(木) 09:05
 
野田さん、おはようございます。

アナグマ、うちにも来ていた時期があります。
夜中にログハウスの床下でゴソゴソ音がするので見に行ったら、居たんですよ〜〜
こうして写真を拝見すると可愛いですけど、結構きつい動物らしいですね。

鹿は2メートルでも超えますか!?
村で推奨している防獣ネットの高さは180センチだった気がします。
うちは村の推奨品ではなくて独自に張り巡らせていますが、2メートル高にしています。

しかし、、、野田さんの辺りの鹿はグルメですね。

野うさぎ一家が敷地内に生息していた時は、スズランなどの毒草迄舐めるように食べられていましたよ〜
小さな体なのに食い意地はすごかったです。
野ウサギを飼育しているとは知らずに花を育てていたのですから、イタチごっこをしていたわけです。

見つけて追いかけまわし逃げ出した場所を重点的に防備し、以来、野ウサギは侵入して
いないようですが、常にカモシカ、鹿、イノシシ、野ウサギには恐々としています。

防獣ネットもしっかりしているのに何処から侵入しているのかと???だったのが、
崩落防止の金網を歩く写真のカモシカを見て判明しました。
まさかこんな所からは入らないだろうと、崖上はネットを張っていなかったのです^^;
慌てて張り、それでも時々侵入されますが、以前のような大きな被害は少なくなりました。




▼  笹ユリのこと [返信] [引用]
右田能尋    ++ ..2018/07/02(月) 22:00 [2151]
  keiさんこんばんは
 私にも笹ユリ(当時は山ユリと呼んでおりました)には深い?思いがあります。地元の中学、高校に通っていたころ、山田の水の様子見は私の役目でした。孟宗竹で作った樋がつまったり外れたりすると、水田がピンチになるのです。朝様子見に出かけたとき、草むらや木立の中に笹ユリがひっそりと(凛と?)咲いているたたずまいに気高さを感じたものでした。
 それから30年以上を経て、まだ田舎で笹ユリが保護植物になっていないころ、帰省の折に球根を少し持ち帰り、埼玉の自宅庭で育てたりしました。田舎を出てかなりの年数がたっていたのですが、どの辺に笹ユリが咲いていたか、ちゃんと覚えていました。さらには実(さや)を持ち帰り、種から育てて花を咲かせたりもしました。しかし、育苗の情熱がほかに移ると、自宅庭のササユリは徐々になくなってしまいました。田舎で保護植物になっている今は手の出しようがありません。なつかしいです。


[2153] Re:笹ユリのこと
けい    ++ ..2018/07/03(火) 07:41
 
右田さん、おはようございます。

凛としていて気高い雰囲気。
ササユリってそうなんですよね。

ユリは大好きですが、kiiさんも私もササユリに対しては思い入れが大きいです。
可憐で清楚な美しさに、息を詰めて眺めていたりして、、、

私も少し真剣に増やすことを考えようと思い始めました。
自然のひとり生えばかりを待たずに種も蒔いてみようかしら。。。




▼  ご返答ありがとうございます [返信] [引用]
右田能尋    ++ ..2018/06/24(日) 15:19 [2148]
   ありがとうございます。ブルーベリー栽培の参考にさせていただきます。昨年嬬恋実験農場での収穫は2kg。収穫量はお笑いものなのですが、収穫時期が埼玉県の自宅近くよりも1か月ほど遅れて8月なのです。そうです。梅雨から外れるのです。春先の枝枯れを何らかの方法で適度に克服できれば、どうだ、やったぞ、となるのです。
 これまで試した品種の中で、北部ハイブッシュブルーベリーではスパルタン。一般地では土壌適性が低く育てにくい、とされるこの美味しい人気の極大粒品種が、当地では火山礫が多く、土壌的には結構適合するのです。また特に耐寒性が強いとされる半樹高ハイブッシュブルーベリーでは、比較的背の高いノースランドが、ブルーベリー品種全体で一番枝枯れが少ないようです。しかし粒が大きくありません。ほかの半樹高品種には少々がっかりです。まだごく小さい浅間ブドウ(クロマメノキ;浅間ベリー)も枝枯れをします。地元の植物ですし、もっと標高の高いところでも自生していると思うので、その環境を調べたいのですが、保護対象であるせいか、情報を入手できません。残念。
 相当なやせ地でもありますので、敷草をタップリ敷いて有機肥料をたっぷりやりながら調べないと、間違った結果になってしまう危険もあるのですが、ほかにはスモモが育ってきています。リンゴも中生あたりまでは大丈夫なようです。プルーン、アンズ、モモはダメでした。プルーンとアンズの台木だけが元気なく育っています。
 気温の方では、もう少し標高の高い(1230m)近くの田代測候所の周年の気温変化が札幌に近いです。そこで昨年から真夏にカボチャを少し栽培して味を占めました。ホクホク味でした。


[2149] 右田さん、こんにちは。
けい    ++ ..2018/06/25(月) 15:24
 
うちのブルーベリーの主流は名もなき苗木だったんです。
確かめようがないままに仕方なくワンパレット購入しましたが、それが美味しくて、
その後に植えた名のあるものよりも良かったというのが面白いです♪
丈は高く、収穫は遅く、実も吃驚するほどの大きさではありませんが、甘みも酸味も適度ですし、
うちの気候には順応してくれているのが嬉しいです。

大実のブルーベリーを植えたいと思っているのですが、ただ甘いだけのものには
抵抗がありますので、現在物色中です。
スパルタンが美味しいですか?
いい品種がありましたら教えてくださいね

前身が杉の植林地ですから、うちもかなりのやせ地ですよ〜

そうそう、スモモが育っています。
柑橘類が生育する環境は羨ましいですが、その代わりブルーベリーが元気に育つのですから、
ヨシとしなければと思っています。




▼  植物たち [返信] [引用]
右田能尋    ++ ..2018/06/22(金) 06:46 [2146]
  keiさんこんにちは。yocchannです。前回この名前で投稿した、と記憶おります。クラップ君の主人です。SeeSaa Blog の方に書き込んでみたのですが、どうもルール違反をしたようです。ごめんなさい。ただ、正規の手続きらしい方法で書き込もうとしたところ、少女漫画のような画面が出てきて危険を感じてしてしまい、談話室に変更しました。
 お久しぶりもいいところのお久しぶりです。いつも野瀬川の自然の植物、栽培されている植物を拝見して勉強させてもらっております。どうも北方系と南方系の植物が仲良く育っているように見えるのですが、うーん、どんな環境なんですかねえ。標高が適度(教えていただけませんか)で、北と東の背地が急斜面で、敷地の周りに大きな樹々が茂って南西に開けて陽だまりになっているのが大きいのかな、と思っております。当方執心中のブルーベリーでは、映像で拝見するものは未熟果が赤いのでラビットアイ系かな、と思っているのですが、野瀬川で収穫できるんですね。浅間北山麓の標高1080m(くらい)の右田実験農場(?)では最強の耐寒性を備えているといわれる半樹高ハイブッシュブルーベリーも前年の枝が結構枯れこみ、毎春がっくりしております。吹きっさらしでもあります。


[2147] おはようございます。
けい    ++ ..2018/06/23(土) 06:16
 
ブログの方、正常に書き込みされていましたよ!!
「少女漫画のような画面」って見たことが無いのですが、いったい何だったのでしょうね。


ブログに返信させていただきましたが、こちらにはそれをコピペさせていただきますね。

****************
うちは標高は700メートルほどに位置していますが、冬季は凍てつきがきつく
マイナス気温は10度前後になります。
暖地系の植物が全く育たない場所で、柑橘系は勿論のこと、イチジクやビワ、
ヤマモモなども育ちません。
寒さには強いと言われる植物でも基準は−5℃ぐらいまでとされているものが多いですから、
育てられないものはいくら好きでも諦めています。

今頃に熟するブルーベリーはハイブッシュ系といわれていますが、うちのはラビットアイ系でしょうか?
こちらでは梅雨にあたりますので裂果が多く、期待できるものではありません。

ブルーベリーはかなりの本数を植えていますが、主流の木が実るのは盆頃からで、
8月下旬から9月中までが最盛期になります。
そろそろ世代交代の時期に来ているようで、穂木をせっせと作っています。
どちらも冬場に枝先が枯れるのは同じです。

周囲に大きく樹木が育ち風を遮っているのはいいのでしょうが、反面、
緑陰が大きくなるのが困った点です。

加齢と共に大きな木の処理が大変になってきています。




 


     ++ 21style BBS ++