| RSS | 携帯用 |

「海紅」投句板

自由律俳句結社「海紅」の投句板です。同人以外の方もどうぞご利用下さい。
海紅Webには http://kaikoh-web.sakura.ne.jp/WordPress/ からどうぞ。

名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 ■ 2022年9月22日
   ++ 田中恭平    
[返信] [引用]

 


ただいまと言って靴の草を払っていた 

 


..2022/09/22(木) 18:18 No.929




 ■ 2022年8月31日(水)
   ++ 田中恭平    
[返信] [引用]

 



虫の声午前四時にふと目覚める

煙草を喫って コーヒー零して

自由に身を置いてみて取り敢えず点眼

とにかく生きている身を涼しさの中に

妻は勿論未だ眠る身の、静かにしていよう


昨日のダメージが今日に響く くらがり

なぜに物書く? そうそう起きて

パンを食べて今朝はもう疲れてしまった

朝陽うつくしい 身を震わせる

雨がふったのか しずく、しずく、しずく


明るめば不安の空よとうがらし


雲がながれる夢のすべてを忘れようとする


鬱極まって涙をながす 朝陽

ぼろぼろの体でなにをする箒持つ




..2022/08/31(水) 08:15 No.928




 ■ 2022年8月30日(火)
   ++ 田中恭平    
[返信] [引用]

 


秋めいてぽっかりとした胸のうち

空虚を埋めよう若者じみて句作する

くすり服してそれとなく妻をからかって

増えてきてしらが

今朝はセブンスターを喫うそうそうに喫う

今日も曇り日の、妻の頭痛を気にかける

妻が脚の毛を抜いて見せてくる

かわいい生活に隠したマグマのように湧くナニカ

鍵じゃらじゃらと鳴らすわけもなく鳴らす

鶏頭をみた朝のしずくする鶏頭

コーヒー飲みたい 氷できるを待っている

雨がふりそう 濃い緑の樹々のむこうへ

眠気のこるまなこに点眼をさした

罪もなく罰もなく 今朝の秋ゆく

言い淀む秋の朝にしずく鶏頭

シャワー浴びてやっと落ち着けました

休みとてニコチン依存に休みはあらず


 


..2022/08/30(火) 08:20 No.927




 ■ 2022年8月29日(月)
   ++ 田中恭平    
[返信] [引用]

 



午前二時くらがりにわが身ひとつ

時はやく、着替え、トーストを齧る

バックパック背負って宇宙へ飛び出すのだ


帰り道草陰に煙を吹く


やっと涼しさの中よ原付を飛ばす

原付を飛ばすやっと涼しさの中よ


妻に南瓜のデザートサラダ買って帰宅

妻また面白い歌をつくっておる


穏やかさで怒りを隠す、鶏頭一本

汚れた爪を切る、爪の汚れに不気味感じつつ

妻が寄りかかってくる


夢に向かって歩きはじめたひとり

皆俳句猫の死がいも漏れることなく


妻に頭痛あって眠らない夕べ



..2022/08/29(月) 17:42 No.926




 ■ 2022年8月28日(日)
   ++ 田中恭平    
[返信] [引用]

 

 2022年8月28日(日)


朝食トースト食べて腹を温める

アイスコーヒー二杯飲んでわたしを立ち上げる

おこずかい貰ってぶらぶら煙草買いに出る

ふったか 家の前に大きなみずたまり

妻がお義父さんに電話したら仕事中だった


今日はゆったり過ごそう明日は二時半起き

今日も朝から妻はとなりで歌づくり

換気扇のしたは私の世界だ

陽がさしてみずたまりのきらきら光り

主観がつよくてよく暮らす人々を思い起こす

苛々するや文芸のあしとる生活は

 と云いて生活のなかにしか私の文学はあらず


涼しさに身を置き胡坐をかく

つかれちまって妻の相手もそれなり

くりかえし毎日書けることありがたい

脳病をおして書く毎朝


..2022/08/28(日) 09:28 No.925






 


     ++ 21style BBS ++    Tacky's Room