釣りの話あれこれ・釣果自慢をお楽しみ下さい。
画像は1回につき約300KBまでOKです(管理人がチェックした後にアップします)

皆さまの楽しい会話で、この場が盛り上がりますように。



ホーム 携帯用  新規投稿

 寒チヌ釣り    ..morizo     返信
      2020/02/12(水) 20:30  No.909
 
 
.jpg / 123.4KB
暖冬と言われる今シーズンですがチヌはいかがなものかと2/9(日)
午前中だけ時間が作れたので地元の枕崎漁港へ行ってきました。

9時頃現場へ到着。

周りに釣り人はおらず一抹の不安も覚えましたがとにかく
竿を出すことにしました。

キザミッコ1.5sに俺のチヌ1袋のお手軽マキエ、
ツケエもMSWチヌのみで勝負しました。

風もないので釣りやすくはありましたがきつめの2枚潮でうまく仕掛けとマキエが合ってない感じでしたので
ウキを沈めて様子を見てるとラインがスルスル走ってガツンと竿に乗りました。

結局、同じパターンで4枚釣れて12時納竿となりました。
サイズも全て40前後と寒チヌとしてはまずまず楽しめました。

乗っ込みが楽しみな1日になりましたよ。



 2020の初釣り    ..竹やん     返信
      2020/01/16(木) 17:47  No.907
 
 
.jpg / 38.2KB
少し遅くなりましたが、2020年の初釣りとして、
12月28日(土)に釣り納めとして釣行した。
佐世保市港外の片島へ三平丸で釣行しました。
この日は、満月の大潮とあって上げ潮がガンガン流れていて
なかなか釣果が出ず、心配になりましたが、
足下に撒き餌を巻いているとクロの魚影が見えたので、
潮が緩んできた9時過ぎから釣れだし、10数枚の釣果を得ました。
小さいクロ等はリリースしました。
41.5cmを筆頭に40cmオーバーのクロは4枚釣れ10枚を持ち帰ることができました。
良い始めになりました。
撒き餌には、ヒロキューのオキアミ3角とG MAXを2袋とグレゼロを1袋使用しました。
付け餌にはオキアミの生・生イキくんツインパックムキミMと
生イキくんツインパックレギュラーの2Lを使用しました。
喰いが渋く餌取りかと思えばクロだったりと苦労しましたが、2ヒロから1本半の棚で工夫して釣れたので
楽しい釣りはじめとなりました。


 Re:2020の初釣り    ..竹やん    
        2020/01/16(木) 17:49  No.908
 
 
すいません釣行日は、2020年1月11日㈯でした。


 初釣り 第2部    ..morizo     返信
      2020/01/05(日) 14:43  No.906
 
 
.jpg / 215.4KB
まさかの連日釣行です。

1月4日鹿児島県南さつま市の秋目へ釣行してまいりました。
ちなみに今回の目標は「昨日の釣果を超える」です。

本日は先輩からお誘いをいただいての釣行です。
今回は「ヤナギ」に乗りました。
秋目で一番嫌い(笑)な瀬に乗りました。
このヤナギ釣り座がめちゃくちゃ高く5mのタモだと届きません。
足場も狭くかなり神経を使う瀬です。

釣り始めは昨日と同じく凪でしたがやはり9時頃から風と波がきつくなりました。

だいぶひどい状況でしたがなんとか釣りにはなります。
今回もGMAXを使用しました。
釣り座が高いのでこのGMAXの視認性を再確認できる釣りとなりました。
強風でもマキエがどこを流れているかはっきりわかればこちらも手の打ちようもあります。
ただ見えるだけではなく比重が軽いのでクロを浮かせる役割も大きいと思います。

昨日より魚の活性は高かったのですが大型の尾長と思われるアタリをことごとく
バラシ(チモト切れ、高切れ等)てしまい釣果が思ったより上がらなったのには悔いが残ります。

また釣行した際は報告します。



 初釣り 第1部    ..morizo     返信
      2020/01/05(日) 14:29  No.905
 
 
.jpg / 79.5KB
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

1月3日鹿児島県南さつま市の坊津へ初釣りへ行ってまいりました。
乗せていただいた場所は「ヘタヒト瀬」。

釣り初めの7時過ぎの頃は風もなく釣りやすい状況でしたが
エサ取りのイスズミが乱舞状態でした。
9時頃から風が出始め波もうねりを伴い、まともなコンディションではなくなりました。

ただ、そのころからイスズミに混じり小型ですがクロ(尾長)が釣れだしました。

手前はサラシがきつくなりそのサラシの下を釣るために仕掛けを重くするとイスズミが食ってくるので
GMAXを使用していたので沖目を狙い強風でしたが軽い仕掛けで同調させることを心掛けて釣ると
なんとかクロが食ってくれました。
GMAX是非お試しあれ‼この視認性は強い味方になってくれますよ。

今年もまたいろんな場所へ行こうと思いますので釣行した際は報告させてもらいます。

第2部へ続く(笑)



 2019年の釣り納め!!    ..竹やん     返信
      2020/01/04(土) 11:33  No.904
 
 
.jpg / 227.2KB
明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年もヒロキューのオキアミ・集魚剤・生イキくん等を使用して
釣行いたします。
釣果が出ましたら、この掲示板で報告したいと思いますので、
よろしくお願いいたします。
少し遅くなりましたが、2019年の釣り納めとして、12月28日(土)に佐世保市港外の片島へ
三平丸で釣行しました。
上げ潮がガンガン流れていてなかなか釣果が出ず、心配になりましたが、
潮が緩んできた9時過ぎからやっと釣れだし、10数枚の釣果を得ました。
小さいクロ等はリリースしました。42cmを筆頭に40cmオーバーのクロは3枚釣れ
10枚を持ち帰ることができました。
良い釣り納めになりました。



 釣り納め    ..morizo     返信
      2019/12/30(月) 13:14  No.903
 
 
.jpg / 244.6KB
12月29日、私のホームグラウンドの坊津へ釣り納めに行ってきました。
船長からの前情報だと水温の変動が激しく
食い渋りがみられるということでした。

6時40分頃出港。
横瀬という少し沖目の独立磯に乗せてもらいました。
15時まで釣る予定なのでマキエは大目に準備し、オキアミ2角に
アミ1/16、GMAX3袋を2回に分け使用しました。

まずは早々とダツがヒット!
水温がかなり高く、ダツが表層を縦横無尽に走ってました。
が、思うほど邪魔になりません。
エサ取りもキイロスズメダイがワラワラ視認できますが少し深いとこで悪さをしてきます。

クロの活性が低く、瀬際周辺はエサ取りが多いため沖目に狙いを絞りました。

ゆるく潮が動くところを狙い撃ち。あまりサイズは出ませんでしたが
なんとかクロを仕留めることができました。

昼くらいからは川みたいな激流になり仕掛けを流してイサキ連発!
40オーバーを含め数釣りが楽しめました。

いい釣り納めになりました。



 時化の代償    ..morizo     返信
      2019/12/01(日) 19:57  No.902
 
 
.jpg / 259.4KB
12月1日に私の所属するクラブのたいかいがありましたので参加してきました。

前日までは天気、うねり共に絶望的な状況だったものの
なんとか機嫌も持ちこたえ無事に出港。

鹿児島の南さつま市野間池に行ってきました。
くじの結果「ワキガ瀬」というこちらでは垂涎ものの一級磯に
乗せてもらいました。

が、海の状況がよろしくありません。
グレはちらほら視認できるものの食い気がありません。
マキエに反応はするもののムキミも残ってくる有様でした。

グレに限らず他の魚の活性もあまり高くなく厳しい釣りとなりましたが
今回使用したGMAXで粘り強く魚を浮かせることに集中し35pクラスを2枚釣ることができました。
ちなみに対戦相手はボウズでした…

水温は順調に下がりだしている感じですのでそろそろグレも食いだしてくれそうな感じはありました。



 チヌ大会    ..いっちー     返信
      2019/11/09(土) 22:30  No.901
 
 
.jpg / 48.8KB
久々の投稿です。
夏場はあまり釣りに行けず、秋になってもなかなか釣果が恵まれず
ネタがありませんでしたが、11月3日に行われた某釣具屋主催の
チヌ釣り大会に友人と参加してきました。
キャノンボール式の大会のため、数年前に45オーバーを釣ったことある漁港で
釣り座を取りました。

チヌ煙幕とオキアミ2Lを混ぜ、つけ餌に生イキくん2LとMのオキアミボイルを使用。
数名のアングラーがいる中、3投目でウキがスッと入るアタリが、
浮かせたのは40ある綺麗なチヌ。
これは幸先いあなぁーと思っていると、隣に女性アングラーが入ってきて、手際よく準備して、
数投で50近いチヌを上げられ、まさか隣で上げられるとは思いもしませんでした。
それから、2枚追加しましたが、42が最高でした。
上位とはいきませんでしたが、まだまだ腕が足りないと実感し、反省出来た釣りとなりました。



 長崎県壱岐島    ..竹下新悟     返信
      2019/11/07(木) 11:02  No.900
 
 
.jpg / 212.8KB
11月に入って磯釣りもシーズン本番目前となりました。
今年は水温も高く、あまり良い情報もなかったので様子見と練習を兼ねて
釣行してまいりました。
さて、壱岐と言えばゴーゴーと川のように流れる本流の釣り場が多く
普段の釣り方では通用しない場面もあります、
当然ながら使用する集魚材にも少しこだわる必要があります。

今回、僕が使用した集魚材は「G-MAX、制覇グレ、ホワイトパワープラス」の
三種を使用しました。

自分流イメージとして本流釣りはとにかく沖にマキエを効かせ
早く浮かせるをイメージでプレイしていますので
普段よりも多くマキエを使うため、増量タイプとなるホワイトパワープラスを普段よりも追加しました。

当日は生憎の荒天で思うような釣りも出来ずに終わってしまいましたが、
機会を見てこのスーパーブレンド集魚材で再度釣行したいと思います。



 秋磯はイズスミ天国    ..morizo     返信
      2019/11/04(月) 18:28  No.899
 
 
.jpg / 96.1KB
11月4日秋磯の確認を兼ねて坊津へ釣行してきました。

船長に前情報を聞き出そうも水温が高くグレは釣る人が来ていないとのこと…
今日は「中ヒト瀬」に乗せてもらいました。
マキエ(今回はGMAXを使用)を足元に打つと朝からイズスミが乱舞状態です。
あまり見たくない光景です。

案の定前半戦はイズスミ「しか」釣れませんでした。
恐らく15枚は釣れてます。

しかし、11:30頃から目に見えてイズスミの活性が下がり乱舞状態が止まりました。
すると、木っ端グレがちらほら釣れだしました。

ただ仕掛けにマキエを素直にかぶせると木っ端が釣れてしまうので
仕掛けとマキエはずらし沖目で同調させるとこれが上手くいき、
何とか35pクラスのグレを釣ることができました。
GMAXは視認性に優れるので沖目でも簡単に仕掛けとマキエの同調をさせられますね‼

そのまま納竿まで同じパターンでヒットパターンを作り25p〜37pまでのグレを
ヒットさせ(25pクラスは針飲まれのみキープ)、納得のいく1日にすることができました。