| ホーム | RSS | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

Gyaos BBS

画像は300kバイトまで。クリックで拡大表示♪
メルアドは暗号化されますので、ロボット収集されません。
投稿の編集・削除は、ページの一番下、右側の『編集・削除』ボタンからどうぞ。
名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 



 ■ 最終の戦いに入ったのかも、、、、。
   ++ とら猫イーチ    
[返信] [引用]

 

昨年の9月に愛猫「とら」の腎臓病が第三のステージになった経緯を書き込みさせて頂きました。

その後、同じ9月の昨日(28日)早朝に吐き戻して以降、愛猫が老化からかも知れませんが、飲まず食わずの状態になりました。 

既に足腰の老化は、昨年より進行していましたが、昨日からは、歩くにも不自由になり、寝たきりを心配しています。

ご飯を食べず、水も飲まずですので、腎臓病用のミルクにブドウ糖を入れて与えていまして、脱水が心配ですので自宅輸液を朝夕の二回しています。

あれ程、困った自宅輸液も、未では何と言うことも無く熟せるのですが、輸液のみで水を飲んでくれない愛猫の体調が心配です。

先月の血液検査の折に、獣医さんに腎臓病よりも老化が心配で、腎臓病血液検査結果が良好でも、老衰で死ぬのかも知れません、と自身の心配を告げたのが事実になったようです。

でも愛猫は、頼りない飼い主には似つかわしくない程に強くて、思い遣りがあり、こうしてPCに向かっている間に、寝床から這い出して私の脚元まで来てくれました。

きっと、自分が死ねば、弱い飼い主が倒れる、と心配してくれているのでしょう。

腎臓病発病以来、既に、六年。 今では19歳と五か月です。

この仔のためなら死んでも良いとまで思っています。 先は観えませんが、この仔のために頑張ります。


..2016/09/29(木) 18:07 No.17942

 ■ Re:最終の戦いに入ったのかも、、、、。    ++ 梨杏     [引用]
 

とらちゃんがごはんを食べられるように祈ってます。どうか元気になりますように。
今日の午前に私の世界一愛するたらが旅立ちました。19さい、腎不全でした。

とらちゃんととらねこイーチさんの二人の時間が幸せでありますように…とらちゃんはとらねこイーチさんの事を心から愛して、そして感謝していると思います。


..2016/10/01(土) 19:37 No.17943
 ■ Re:最終の戦いに入ったのかも、、、、。    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

梨杏様の世界一愛されるたらちゃんの御冥福を御祈りいたします。

また、私の勝手な思いに御返信を頂き恐縮致します。

「とら」は、昨日の早朝は、玄関先まで這って行き寝ていました。 足腰が弱っても、腕力が強いので、腕のみで這って行ったのです。

でも、本日の朝には、昨晩寝た処にそのまま居ました。 絶食ですので、早朝に起きている間に猫用キドナを飲ませたのですが、その後寝たままで、獣医院に連れて行っても起きません。 もう寝て居ると言うよりも昏睡状態です。 

獣医さんとは、話し合い、入院はせずに自宅で看取ることにしました。 獣医さんもそれが御勧めでした。 ただ、最期まで輸液して症状緩和は継続します。 

「とら」は、不思議な猫です。 何と言うか、言語では無いもので意思疎通が出来るのです。 離れて居ても、何かを感じることがありますし、今回のことでも、28日に亡くなることを予感して、必死に語り掛けると、深夜にむっくりと頭を上げましたので、猫用キドナを飲ませることが出来ました。

ただ、その強い力も日々に影が濃くなります。

覚悟は出来ましたが、この理不尽な力には納得も出来ず、自分の最愛の存在を剥ぎ取られようとしていることを恨みます。

私の場合には、文字どおりの最愛なのです。 人間でもとら以上に愛を感じる人は居ません。

今感じて居るのは、残りの時間は数日、と云うことです。 とらが時間を呉れて、その間に覚悟しなさい、と云ってくれているのです。 ただ、私は、もっと生きた方が天国に行くのに楽に行けるよ、と返しています。 これから栄養剤を飲んで貰う積りです。





..2016/10/01(土) 21:24 No.17944
 ■ Re:最終の戦いに入ったのかも、、、、。    ++ 梨杏     [引用]
 

たらに、とら猫イーチさんが冥福を祈ってくださったよと声に出して伝えました。

輸液しながら症状緩和して御自宅で看取られるのは私も大賛成です。私も今朝無駄かもと思いながら、自宅でたらに輸液しました。体が冷えないように湯タンポで温め続けました。とらちゃんととら猫イーチさんは深い絆で結ばれていてコミュニケーションが取れるのでしょう。言葉ではない通じるものがあるのです。
意識はあまりなくても聞こえると思いますし気持ちは通じます。とらちゃんとの時間を大切に大切に過ごしてください。愛しているとたくさん言ってあげてください。とらちゃんと出逢えたこと、長生きしてくれたこと、頑張ってくれていること、感謝していること、とら猫イーチさんのとらちゃんへの気持ちをたくさん伝えてください。最後の瞬間まで…私も昨日の今頃そうしていました。

たらの冥福を祈ってくださり本当にありがとうございます。嬉しいです。 お二人の残り時間が少しでも長く幸せなものになりますように…。


..2016/10/01(土) 22:28 No.17945
 ■ Re:最終の戦いに入ったのかも、、、、。    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

梨杏様、皆様、私の拙いコメントに御付き合い下さいまして有難う御座いました。

「とら」は、本日(10月3日)5時32分にあの世に行きました。

これからは、亡父母とともに、私を見守り、私が来るのを待つことになります。

最期は、昔の侍のように、前を見詰めて、そのまま息絶えました。

私が、「とら」に起こされるようにして起き、とらの下の世話をして、吐いたものも拭いた後、手を取り、これからも一緒だよ、絶対に離さないよ、と話しかける中で、真っすぐに前を向いて穏やかで侍のような厳しい顔のまま息絶えました。

先週水曜日に嘔吐とともに倒れ、そのまま死を迎える処を二度、三度と私の呼びかけに答えて帰ってくれたのですが、本日早朝は、それが叶わず、厳しい表情で私の呼びかけを拒絶し、自分は行く、と
の意思表示をしたのでした。

猫なのに侍のようでした。 泣くな、とも言っているようでした。

何とも穏やかな表情のままでした。 これでは泣けません。 これから、「とら」のように生きます。

長年の公務員生活に終止符を打ち、愛猫との楽しい生活を夢見て自宅を整理・整頓している処でしたが、私の怠惰のために、それがままならず、「とら」と一緒に寝る処が無いまま迎えた最期の戦いですが、最期の二日間は、添い寝が出来ました。 これも「とら」が気力を振り絞り、死期を伸ばしてくれたお蔭です。

猫なのに侍のようでした。 私には、勿体無い程の本当に可愛くて、賢くて、強い猫でした。 古の侍に倣い、記念に鬣の毛を頂きました。


..2016/10/03(月) 11:15 No.17946
 ■ とら猫イーチさんへ    ++ 梨杏     [引用]
 

とらちゃんのご冥福を御祈りいたします。


お知らせくださりありがとうございます。お二人が幸せな時間を過ごせる様願っていました。今朝6時前に起きて、たらを思い一泣きしてここに来ました。その時には旅立たれていたのですね…。とらちゃんとても立派でしたね。とら猫イーチさんがこれからもずっと一緒だよなど声をかけてあげたからとらちゃんはその言葉に癒され幸せな気持ちで逝く事ができたのです。一年前のとら猫イーチさんの書き込み当時に読ませて頂いておりました。まさか時をほぼ同じくしてとらちゃんとたらが旅立つ事になるとは思いもしませんでした。当時気づきませんでしたが、歳も同じで名前まで似ている…。二人は今頃顔を合わせしているかもしれませんね。今からとらちゃんにしてあげられることがあります。お水や好きな食べ物、お花などお供えして差し上げてください。
とらちゃんも喜んでくださるでしょう。

とらちゃんはとら猫イーチさんにとってもったいない様な猫ちゃんではありません。とらちゃんにとってとら猫イーチさんは最愛の人なのですから。いままでも、これからも…。お二人の愛と絆はこれからも変わりません。






..2016/10/03(月) 16:58 No.17947
 ■ Re:とら猫イーチさんへ    ++ とら猫イーチ     [引用]
 

梨杏 様 皆様。

本日で、やっと一週間が経過しました。 

長くて短い一週間でした。 とらの骨壺を自宅の仏壇に置き、日に何度も手をあわせております。 

未だ腎臓病罹患が発見されていない折に沢山撮影しました写真の内で、とらの実質が良く分かる写真を引き伸ばして彼方此方に置き眺めております。 

おデブのとら。 キリリとした顔が性格を表すとら。 老齢期に
差し掛かりつつも敏捷な動きをするとら。 名前を呼ぶと、振り返り私を見ながら両目を閉じて親愛の情を表すとら。 私が保護した仔猫をまるでお母さんのように優しく毛並を舐めて整えてあげる優しいとら。 

家中の何処でも出入り自由で、泣く子ととらには勝てない我が家の様。 殆どがとらの写真ですので、選ぶのに困りました。

写真を眺めながら、自分の至らなさを痛感しております。 あの時に、獣医院へ行くべきであった。 あの時にとらの状態が悪化したのを知るべきであった。 

亡くなる前に呼吸が荒くなり、慌てて酸素ルームのレンタルを契約したのに、間に合わなかったのは、自分が気付くのが遅かったのだ。 等々です。

19歳になり、腎臓病の状態も落ち着き、血液検査結果も悪くは無く、とらの状態を過信したのが自分の過失だ、等々と自分を責めています。 

更に、とらは、今まで食物を吐いたことが無く、毛玉のみを上手に吐き出していたのに、あの日、始めて食べた物を戻し、その上に倒れていたのは、尋常な状態では無い、と始めて気付いた自分は、何と迂闊な人間だろう、と自分を責めています。

この一週間、三年前に止めた筈の御酒を飲み、何とか寝ているのですが、御酒無しで寝られるのか、と心配にもなっています。

これでは、とらが空の上で心配しているでしょう。 もっと確りとして、とらの供養をして御寺に納骨をしようと決心をしています。 
後に残った猫たちの世話がありますし、自分の生活もあります。 

後にとらと再会した折に、胸をはって会えるように努めたいものです。 





..2016/10/10(月) 16:52 No.17948
 ■ とら猫イーチさんへ    ++ 梨杏     [引用]
 

こんばんは。近況をお知らせくださりありがとうございます。長くてあっという間の日々、私も同じように過ごしています。
お花やお線香を手向け、ごはんをお供えして声を掛けてみたり…写真もたくさんプリントしてかわいいたらの顔を毎日眺めています。
そして私もたくさんの後悔をしています。何故腎臓が悪くなっている事を早く気付かなかったのか、最後ももっと何かできなかったのか。逝った後に注文したサプリメントが届き何故もっと早く注文しなかったのか、などなど。自分の至らなさを痛感し、毎日頑張ってくれたたらに申し訳ない気持ちで一杯です。

でも私もたらに心配をかけないようにしなければと思っています。
たらは自分の体が辛いのに私が疲れた顔をしているとチラッと私の顔を見て、すっと胸の上に乗って私の心を温めてくれました。
とらちゃんとたらが安心できるようにしたいですね。
今いるとら猫イーチさんの猫ちゃんたちはご縁があって出逢った子ですからかわいがって差し上げてください。

とら猫イーチさんの前向きに生きる気持ちが嬉しいです。





..2016/10/15(土) 22:06 No.17949



 ■ 一言お礼を言いたくて
   ++ まこちゅん    
[返信] [引用]

 

はじめまして。「皮下輸液 失敗」のキーワードでこちらのサイトにたどり着いた者です。
2歳半の男の子なのですが、数か月前から徐々に痩せてきて、検査の結果クレアチニンの数値が年齢にしては高いということで、内服と腎臓サポート食に徐々に切り替えて様子を見ていました。
が、療養食に完全に切り替わった2日後くらいから食欲が落ち、さらに体重も減ったことから皮下輸液をすることになりました。
最初は病院でやってもらっていたのですが、費用もかかるし車嫌いのウチの子にとって通院はストレスもかかる・・・ということで、自宅で輸液をすることにしました。
1回目は暴れて針が抜けて半分の量しか入れられず、2回目の今日は針が少し右に斜めに入ってしまい、右側だけがぷっくりと膨らんでいるのがはっきりとわかりました。その右側を必死で舐めている姿を見て不安に駆られ、必死で情報をネットに求めました。
輸液の詳しい説明と管理人様のメッセージを読んで、少し肩の力が抜けました。そしてしばらく観察していると、だんだん吸収されていったのか、極端な右側のふくらみは左右均等になっていきました。
まさに「猫に申し訳なくてワタワタしてた」状態でしたが、本当に心が軽くなりました。
どうしても一言お礼を言いたくて投稿させていただきました。本当にありがとうございました。


..2016/08/28(日) 20:10 No.17941




 ■ 突然の書き込み失礼します。ご相談させてください。
   ++ ユカ    
[返信] [引用]

 

我が家の12歳雄猫のクーが、9日前より食事をとらず、嘔吐を繰り返しまして、病院に行ったところ腎不全で数値が測れないほど悪く、吐皮下注射と吐き気止めの錠剤とエースワーカーという錠剤をだされました。その夜やはり吐き気はおさまらず、朝一で病院に電話したところ何もできないと言われました。必死で他の病院へいくつか相談し、いくつか方法はあるので連れてきてと言って下さった病院へ診察にいき、再度検査したところ、BUN180以上 クレアチニン30以上と言われました。腹膜透析を勧められ、吐き気がおさまるならと思い毎日通っています。ただ、吐き気はだいぶおさまり、気持ち悪くとも吐くことはなくなったのですがゴハンと水を自分からとってくれません。
いま無理矢理注射器であげていますが、先が全く見えない状態です。
昨日再検査で、BUN159 クレアチニン30.6 と言われました。多少は下がっているが、結果が出るにはまだ時間がかかると言われました。
本人は、検査数値のわりに異常なほど元気で、先生から何故だかわからないと言われました。
その言葉に希望をもって、出来る限りのことはやってあげたいのですが、どうしたらいいのか、どうしたらゴハンを食べてくれるのかわかりません。
何かいい方法や、ご経験等ありましたら、どうか教えて頂きたいです。何卒宜しくお願い致します。


..2016/07/31(日) 19:36 No.17938

 ■ Re:突然の書き込み失礼します。ご相談させてください。    ++ 梨杏     [引用]
 

ユカさん。クーちゃんその後いかがですか? 腎臓が悪いとムカムカと吐き気がして食べられないようです。早く状態が安定して自力で食べられるようになるといいですね。クーちゃんのお口にあう食べ物が見つかる事を祈ってます。管理人さんのフードについて書いてあるところ参考になると思います。読んでみてください。


..2016/08/06(土) 13:37 No.17939
 ■ ユカさんへ 追記    ++ 梨杏     [引用]
 

お水が飲めない場合は、とりささみの茹で汁(なま温かい温度で)など少し香りのする物はいかがでしょうか?香りに誘われて飲んでくれるかも…鰹だしや椎茸だしなどを好む子もいます。須崎動物病院の栄養スープの素もお勧めです。水分が取れるとそれを取っ掛かりにごはんを食べだす場合もあります。参考になれば幸いです。クーちゃんが早く食べられるようになりますように♪

..2016/08/08(月) 08:14 No.17940



 ■ お久しぶりです、あやめちゃん20歳になりました^^
   ++ かりん    
[返信] [引用]

 

クリックで拡大表示 ( .jpg / 68.9KB )
ひぴさま、みなさま、お元気ですか?

へらへら笑うぜのきっかけになった、かりんです、ご無沙汰しています。

いろいろあって、覚悟してくださいな時期もあったあやめちゃんが、割と元気に4月に20歳になりましたので、
ご報告させてください^^

こちらでお世話になったのは6〜7年前、便秘のことやら慢性腎不全のことやら、随分と参考にさせていただきました。
アドバイスいただいたり、楽しい時間でした〜。

そのおかげもあって、5年間糖尿病とつきあってきて去年15歳で亡くなったおデブのてんちゃん共々、腎臓の数値はずっと正常値でした。ありがとうございます。

あやめちゃんは甲状腺機能亢進症なので、食欲旺盛ですがちっとも太れません。よく食べよく鳴き、興奮して走ったり、よたよただけど、じゃれたりもします。医学書の症状がみんな当てはまります^^;

メルカゾールという甲状腺ホルモンを抑えるお薬もあるのですが、効きすぎてしまうようなので、よっぽっどの時にほんの少ししか使ってません。

痙攣発作(てんかん?)も一度出ると止まらなくなってしまうので、抗痙攣薬を飲ませてます。
慢性鼻炎で目鼻ぐちゃぐちゃで、鼻が詰まるので毎日鼻水出してあげたり、あ!耳は聞こえてませんね。
って、元気なのかぃな感じですね^^;
ご飯は、療法食でもシーバでもモリモリ食べてます(*^^*)

もう制限はあまりしていないし、獣医さんにも1年くらい連れて行ってないなぁな、いい加減飼い主ですが、もう少しあやめちゃんとの時間を楽しみたいと思います。

ひぴさん読んでくれるかなぁ、本当にありがとうございました。

みなさんが、ねこちゃんと一日でも長く穏やかな日々が過ごせますように・・・


..2016/06/13(月) 18:49 No.17937




 ■ 無題
   ++ とら猫イーチ    
[返信] [引用]

 

 皆様、長らくご無沙汰をしておりまして済みませんでした。

 昨年に当方の年寄猫が週一回の輸液をしていますことを書き込みいたしましたが、いよいよ腎臓病が第三期に入ったようで、毎日の自宅輸液が必要になりました。 昨日に獣医さんと話し合って、決めました。 

 担当の獣医さんは、大学病院で講師をされておられる方で、勉強熱心な方です。 他に掛かりつけの獣医さんもおられるので、獣医療には困らないのですが、問題は、費用の点です。 
 幸い、腎臓で診療を受けています担当の獣医さんは、自宅輸液の理解があり、そちらの方が経済的とまで言われましたので、お願いしました。

 でも、自信は、ありませんし、出来るのかどうかが不安です。 掛かりつけの獣医さんは、自宅輸液は、認めておられませんので、遠方の獣医院まで手法を習いに行くしかありませんし、機材も其処で買うしか方法がありません。 

 愛猫は、検査では、クレアチニンが、1.8から2.4、3.0、3.2と上昇して来ました。 これは、病状もありますが、体重が3キロを切るようになったので、眼をつむって普通食や生魚を与えた結果でもあるとは思います。 5キロ以上、と云うより6キロ近くあった体重が3キロ近くなったので、体力が無くなることを恐れたのです。 
 勿論、活性炭を与えてもいました。 

 掛かりつけの獣医さんは、年齢も年齢だから、QOLを考えてあげるのも必要とのご意見で、そうしたのですが、検査結果は正直でした。 今、本当に怖いです。 もう長くない、とは思っても出来るだけのことをする、とは獣医さんにも言いましたし、この仔は、私にとっては、猫以上の存在で、家族ですし、死んでも一緒にいたい、と思っています。 

 家を片づけて、一緒に寝て介護をしようと思い努めて来ましたが、長年の間、放置していた家の中は、子猫たちの遊び場となったので、もう少しでごみ屋敷状態です。 その家の中で、いよいよ愛猫のために最後の戦いをしなければならなくなったようです。 

 満18歳、もうすぐ19歳のとら猫には、始めて会った日のあの時から今まで、思い出がたくさんあり、亡くなることを想像しただけで気が狂うようです。 でも、頑張るしかありません。 とらを看取るのは、私しかありませんから。 



..2015/09/01(火) 15:51 No.17929

 ■ Re:無題    ++ no name     [引用]
 

トラ猫さん。

久しぶりにちょっとよってみました。半年前の日付なので、半年の間それも冬の間、どのように過ごされたのかと思うと、お掃除やお買い物お手伝いして差し上げたかったなあと思います。今からでもあなたの望むことをなんでもして差し上げたいと思います。なんにもして差し上げられませんし、望まれてもおられないと思います。
代わりに、と言ってはなんですが、お礼を
ありがとう 愛してくれて 温めてくれて 一晩中なでてくれて 逝かないでって言ってくれて 治療してくれて ありがとう。 もう楽になってください。 あいしてるよ。




..2016/03/09(水) 23:02 No.17933
 ■ Re:無題    ++ no name      [引用]
 

辛かった2013年の連休から三年が経過しようとしています。ここに書くのは本当は不適切かもしれませんが、三年前の辛かったこと、そして今辛いこと、すこし弱音を書かせてください。

三年前、辛かったことの一つは、連休で通院のタイミングが狂ったこと、貧血なのに、ドカンといつもの輸液で、薄くなって、家に着いた時には激しく喘いでいて、でも、それを獣医さんに言えなかったこと。抱いて撫でて謝って、辛かった。彼女のほうがもっとつらかったね。

今辛いのは、昨日、獣医さんで、時間外診療をお願いして、えらく不機嫌で、批判的で、イヤミを言われて、でも、仕方がないから我慢して謝って、なんか悔しい。そんなら時間外うけつけなければいいのに。おまけに、時間外診療の追加料金ふっかけられるならまだしも、取り忘れてる。 収まらないから明日払ってくる。まだ元気はないけど症状は収まったから治療は適切だったと思いたい。本当はレントゲンを撮って欲しかった。言えなかったけど。


今回のことで時間外を受け付けないおじいさんの獣医さんの受け付けない理由とか、そのプロ意識についてちょっとみなおした。考えを改めた。

私がもっとお金持ちなら違っていたかも。
 
どんなに無知で愚かでわがままな飼い主だとしても、それはちょっとないと思った。でも言えない。私が無知で愚かで優柔不断で情けない飼い主で、彼女を苦しめたから。
 
そっか。辛いのは、自己嫌悪だからだね。

ちょっとさっぱりしました。ありがとう


..2016/04/29(金) 22:47 No.17934
 ■ 猫草ページにたどり着きました    ++ 2121      [引用]
 

久しぶりに猫草を育ててみようかと思い、何となく検索していたらこちらの『猫草』のページにたどり着きました。
いろいろ情報が載っていて目からウロコでした(とくに種のことについて)。
ブログにリンクしましたので(連絡不要とありましたが)書込みさせていただきました。

長く一緒に居ると猫とはいえ猫以上の存在になっているものですよね。私も2年前に愛猫を亡くし本当に死にたい気持ちでした。何をするにも思い出し涙の日々がしばらく続きました。
現在は雑種7匹でワヤワヤな楽しくもイラッとする毎日を送っています。イラッとするのも楽しみであったりもしますが〜。


..2016/05/01(日) 04:31 No.17935
 ■ NO17934 no nameさん    ++ 梨杏     [引用]
 

猫ちゃんの具合いかがでしょうか。少しでも良くなっていたら嬉しいです。 飼い主さんの心が落ち込んでいると猫ちゃんにそれが伝わって猫ちゃんも辛いはず…。嫌な獣医さんに頭を下げ治療をしてもらって偉かったですね。同様の経験がありお気持ちお察しします…あなたは愛する子を守るため頑張ったのだから自己嫌悪になる必要はないですよ。猫ちゃんと二人三脚でHappyに過ごしてね♪あなたが笑顔で過ごせば猫ちゃんも笑顔になりますよ。


..2016/05/07(土) 16:29 No.17936





 


     ++ 21style BBS ++    Tacky's Room